バム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯29度06分 東経58度21分 / 北緯29.100度 東経58.350度 / 29.100; 58.350

世界遺産 バムと
その文化的景観
イラン
BAM IR2726.JPG
英名 Bam and its Cultural Landscape
仏名 Bam et son paysage culturel
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4), (5)
登録年 2004年
拡張年 2007年
備考 危機遺産(2004年 -)
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

バムبم Bam)はイランの南東部ケルマーン州に位置する人口およそ80,000人の都市。古代の要塞都市アルゲ・バムが北東近郊にある。砂漠のエメラルドと呼ばれることもある。

バムはアルゲ・バムよりも後に構築されたと見られる。1722年アフガニスタンの軍勢の侵攻で一度、町は放棄される。さらにシーラーズの攻撃を受けて二度目の放棄を余儀なくされた。この時代には兵舎があった。その後、次第に農業や工業の中心となっていき、2003年の地震(後述)までは急成長をしつつあった。特に、ナツメヤシ柑橘系果実(特にオレンジ)で知られていた。また、アルゲ・バムの観光客は近年益々増加してきており、観光も重要な収入源となっていた。

バム生まれの人物には、元イラン大統領アリー・アクバル・ハーシェミー・ラフサンジャーニーがいる。彼の影響がバムの急速な発展に役立つことがあった。

2003年の地震[編集]

2003年12月26日、現地時間の午前5時26分(日本時間では午前10時56分)に、遺跡の地下を走る活断層「バム断層」で地震バム地震)が発生した。米国地質調査所マグニチュード6.5と発表した。BBCは「近代都市バム」の70%が破壊されたと報じ、犠牲者の数は4万人を越え、一帯で人口の3分の1が失われた。また、アルゲ・バムも甚大な被害を受けた。古来よりの水路である「カナート」がこの地震により破壊されたことによって復興の大きな障害となっている。

大規模で懸命な救出作業が行なわれた。また、日本政府も翌27日に国際協力機構を通じて2500万円相当の物資救援を行なうことを決定した。同日、追加で食料援助を目的とする77万ドル(約8300万円)の緊急無償資金協力を決定、援助総額は1億800万円相当となった。また、更に救援・復興を目的として自衛隊を派遣した。

2004年、ユネスコは世界遺産リストに掲載するとともに危機遺産リストに登録した。2013年、遺跡の修復・保全活動が評価され危機遺産リストから除外された。

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

外部リンク[編集]