ハンブルク地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
路線図
エルベ川沿いを走るU3線

ハンブルク地下鉄U-Bahn Hamburg)は、ドイツハンブルクを走行する地下鉄1912年に運行を開始した。 現在、路線を運営するのはハンブルク高架鉄道(HHA:Hamburger Hochbahn AG)で、その名が示すように、 地下鉄(U-Bahn)と呼ばれながらも実際には地上を走行する区間が長い。路線の全長は約100km、全線標準軌・直流750V、第三軌条方式で電化されている。

概要[編集]

3路線(U1U2U3)が運行されている。U1は、ノルダーシュテット・ミッテ(Norderstedt Mitte)から、ハンブルク国際空港に近いオールスドルフ(Ohlsdorf)、ハンブルク中央駅(Hamburg Hauptbahnhof)などを経て、フォルクスドルフ(Volksdorf)で分岐してオールシュテット(Ohlstedt)かグロースハンスドルフ(Großhansdorf)へと通じる。U2は、ニーエンドルフ・ノルド(Niendorf Nord)からハンブルク中央駅を経て、ヴァンツベック・ガルテンシュタット(Wandsbek-Gartenstadt)へと通じる。U3はバルムベック(Barmbek)から、歓楽街に近いザンクト・パウリ、ハンブルク中央駅などを経て、ミュンメルマンスベルク(Mümmelmannsberg)まで通じる。

現在、U4U2ユングフェルンシュティーク(Jungfernstieg)駅から北西側で分岐し、市中心部の西側を回って、エルベ川北岸、再開発中の旧港湾地区に出来るハーフェンシティー・ユニバーシテート(HafenCity Universität)駅まで建設中である。また完成後はU2に乗り入れビルシュタット(Billstedt)駅まで直通運転が予定されている。

関連項目[編集]