ネイサン・コーベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネイサン・コーベット
基本情報
本名 ネイサン・コーベット
通称 Carnage(カーネッジ、大虐殺)
Golden elbow(ゴールデン・エルボー)
階級 ライトヘビー級
クルーザー級
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
誕生日 1979年10月23日(34歳)
出身地 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
身長 185cm
体重 86kg
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

ネイサン・コーベットNathan Corbett、男性、1979年10月23日 - )は、ニュージーランド出身のキックボクサームエタイ戦士。ファイブリングス・ドージョー所属。

ライトヘビー級クルーザー級を主戦場としている。最大の武器は「Golden elbow」(黄金の肘)と評される右肘打ちで、「Carnage」(カーネッジ、大虐殺)の異名を持つ。00年までは空手家として活動していたが01年にキックボクシングに転向している。

来歴[編集]

2002年7月7日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002でYU IKEDAと対戦し、右ストレートでKO勝ち。

2004年9月19日、SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004ニルソン・デ・カストロと対戦し、2Rに3度のダウンを奪いTKO勝ち。

2005年6月25日、XPLOSION 10でマゴメド・マゴメドフに判定勝ちし、WMC世界86kg級王座を獲得。

2005年9月9日、XPLOSION 11でカク・ユンソブにKO勝ちし、IMF世界ライトヘビー級王座を獲得。

2005年12月10日、XPLOSION 12でマグナム酒井にKO勝ちし、WBCムエタイ世界クルーザー級王座を獲得。

2006年3月18日、XPLOSION 13のメインイベントでスティーブ・マッキノンと対戦予定であったが、興行の途中で観客が発砲する騒ぎが発生し、試合は中止となった[1]

2006年5月13日、MARSでアレックス・ロバーツ無差別級契約で対戦し、序盤から圧倒していたが、2Rに右ハイキックで番狂わせの逆転KO負け。

2007年5月19日、K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2007で優勝を果たした。

2007年6月22日、XPLOSION 16でガオグライ・ゲーンノラシンと対戦し、KO勝ち。

2007年12月8日、XPLOSION 17でレカイ・セリックと対戦し、TKO勝ち。WMC世界86kg級王座の防衛に成功した。

2009年6月26日、ジャマイカで開催された「Champions of Champions 2」のメインイベントでタイロン・スポーンと対戦。この大会は全試合ムエタイルールで行われていたが、スポーン側の強い要望によってこの試合だけがK-1ルールで行われた。この試合で、2Rに先制のダウンを奪われるが、3Rに強烈な右フックでダウンを奪い返し、スポーンがふらつきながら立ち上がるもレフェリーがコーベットのKO勝ちを宣告したところでレフェリーストップに気付かなかったコーベットがパンチで追撃したため、無効試合となった。試合後、コーベットはスポーンと観客に謝罪した。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
55試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
51 39 9 0 0 1
3 1 1 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
フランク・ムノフ 3R KO Evolution 22 2010年11月27日
パベル・ズラフリオフ 4R KO Domination 5 2010年9月19日
セドリック・コンガイカ 3R終了 判定 Last Man Standing 2, semi final
【1回戦】
2010年6月9日
ツォー・フープマン 3R終了 判定 Last Man Standing 2, semi final
【準決勝】
2010年6月9日
シェイン・ティルヤード 2R 1:32 TKO(レフェリーストップ) Last Man Standing 2, semi final
【1回戦】
2010年6月9日
マイケル・アンドレード 2R KO XPLOSION SUPER FIGHT 19 2009年8月8日
タイロン・スポーン 3R 無効試合 Champions of Champions 2 2009年6月26日
シニサ・アンドリヤセビッチ 1R TKO(膝蹴り) Brute Force 11
【WIPU King of the Ring世界タイトルマッチ】
2009年5月29日
Emmanuelle Payet 2R TKO(ローキック) Evolution 16 2009年4月4日
Tony Angelov 2R 1:41 KO(左フック) Evolution 15: The Contender Qualifier 2008年12月6日
Weehart Sor Virapon 2R KO Evolution 14: The Contenders 2008年9月4日
Leonard Sitpholek 3R TKO Evolution 13: Carnival of Carnage 2008年4月26日
Meik Sbrzesny 1R TKO(肘負傷) XPLOSION SUPER FIGHT 18 2008年3月30日
レカイ・セリック 1R 2:59 TKO(戦意喪失) XPLOSION SUPER FIGHT 17
【WMC世界86kg級タイトルマッチ】
2007年12月8日
Eric Angkor Sitpholek 3R 2:01 KO Evolution 11 2007年9月1日
ガオグライ・ゲーンノラシン 2R 2:58 KO(パンチ連打) XPLOSION SUPER FIGHT 16 2007年6月22日
アーシュイン・バルラック 3R終了 判定3-0 K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2007
【決勝】
2007年5月19日
テオドール・サリエフ 3R終了 判定3-0 K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2007
【準決勝】
2007年5月19日
アゼム・マクスタイ 2R 2:40 TKO K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2007
【1回戦】
2007年5月19日
クリフトン・ブラウン 2R TKO XPLOSION SUPER FIGHT 15 - Macao 2006年11月11日
スティーブ・マッキノン 4R TKO XPLOSION SUPER FIGHT 14 - Sydney 2006年8月18日
× アレックス・ロバーツ 2R 1:51 KO(右ハイキック) MARS WORLD FIGHTING GP in 幕張 2006年5月13日
マグナム酒井 3R KO XPLOSION SUPER FIGHT 12
【WBCムエタイ世界クルーザー級王者決定戦】
2005年12月10日
カク・ユンソブ 1R KO(膝蹴り) XPLOSION SUPER FIGHT 11 - HONG KONG
【IMF世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2005年9月9日
× 内田ノボル 1R 1:29 反則(倒れた相手へのキック) 新日本キックボクシング協会「TITANS 2nd」 2005年8月22日
マゴメド・マゴメドフ 5R終了 判定 XPLOSION 10 - WMC World Title Match
【WMC世界86kg級タイトルマッチ】
2005年6月25日
Kiattisak Hemkajit 2R TKO XPLOSION 9 2005年4月15日
富平辰文 3R終了 判定 XPLOSION SUPER FIGHT 2004 〜K-1 CHALLENGE〜 2004年12月18日
イ・ミョンジュ 3R 1:25 TKO(タオル投入) 新日本キックボクシング協会「TITANS 1st」 2004年11月6日
ニルソン・デ・カストロ 2R 1:53 TKO(3ノックダウン:左フック) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2004 2004年9月19日
マゴメド・マゴメドフ 5R終了 判定 WMC World Title in Hong Kong 2004年5月16日
Clifton Brown 1R 2:54 KO(肘打ち) Xplosion Super Fight Vol. 5
【WMC世界82kg級タイトルマッチ】
2003年12月16日
伊賀弘治 2R 0:57 KO(左フック) シュートボクシング「"S" of the world Vol.3」 2003年6月1日
ダレン・カルビック 4R KO XPLOSION 4 - Shootboxing vs Muay Thai 3
【シュートボクシングルール】
2003年4月27日
伊賀弘治 4R TKO XPLOSION 3 - KINGS OF CHAMPIONS 2002年12月15日
YU IKEDA 2R 1:07 KO(右ストレート) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2002 2002年7月7日
× ポール・スロウィンスキー 3R終了 判定 Light Heavyweight Super 8 2001年5月12日

主な獲得タイトル[編集]

  • WMC南太平洋王座
  • IMF世界ライトヘビー級王座(0度防衛)
  • WMC世界82kg級王座(1度防衛)
  • WMC世界86kg級王座(2度防衛)
  • 初代WBCムエタイ世界クルーザー級王座(1度防衛)
  • K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2007 優勝
  • WIPU King of the Ring世界王座

脚注[編集]

  1. ^ XPLOSION SUPER FIGHT 13 BoutReview 2006年3月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マーティン・ホルム
WMC世界82kg級王者

2003年12月14日 - 2005年

次王者
クリフトン・ブラウン
前王者
マゴメド・マゴメドフ
WMC世界86kg級王者

2005年6月25日 - 継続中

次王者
 
前王者
WBCムエタイは2005年2月24日に設立
初代WBCムエタイ世界クルーザー級王者

2005年12月10日 - 継続中

次王者
N/A