ニース駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニース駅

ニース駅(Gare du Nice)はフランスの南東部の都市ニースにあるフランス国鉄(SNCF)の鉄道駅である。正式な駅名はニース・ヴィル駅(Gare de Nice-Ville、ニース市駅)と言う(乗車券や指定券の駅名表示も、NICE VILLEである)。1867年開業。当初は郊外に作られたが、現在では都市が拡張したため、中心部と繋がっている。マルセイユより高速新線(LGVプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール線)の建設が計画されている。

駅構造は通過型の構造となっており、4面のホームがある。ホーム全体を覆うドーム屋根が設けられている。駅の北半分はヤードであるが、ヤードの真上を高架道路が通っている。

トラム(LRT)の停留所は200mほど離れている。また、プロヴァンス鉄道は当駅ではなく、400mほど北にあるプロヴァンス鉄道駅(旧ニース南駅)から発着する(当駅から徒歩10分ほどかかる)。

路線・列車[編集]

ニース・ヴィル駅は東西に走るマルセイユ・ヴェンティミーリア線と北東方向へ向かうタンド線の分岐駅である。

パリとはTGVや夜行列車コライユ・ルネア(旧青列車)で結ばれている。リールストラスブールなどフランス各地へも直通するTGVがあり、またボルドーとの間には在来線の優等列車コライユ・テオズが運行されている。このほかヴェネツィアおよびローマ行の国際夜行列車やフランス各地への夜行列車(一部不定期)がある。

プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏内の各地とはTERの列車により結ばれている。