ニコライ・ズヴェーレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコライ・ズヴェーレフ
Николай Зверев
}
基本情報
出生名 Николай Сергеевич Зверев
出生 1832年
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ヴォロコラムスク
死没 1893年10月12日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 モスクワ
学歴 モスクワ大学中退
ジャンル クラシック音楽
職業 音楽教師
ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ニコライ・セルゲーエヴィチ・ズヴェーレフロシア語: Николай Сергеевич Зверев ; Nikolai Sergeyevich Zverev, 1832年1893年10月12日)はロシアピアニスト・音楽教師。ミリイ・バラキレフアレクサンドル・スクリャービンセルゲイ・ラフマニノフを世に送り出した名伯楽として名高い[1]

略歴[編集]

ヴォロコラムスクにて貴族の家庭に生まれる。モスクワ大学に進み、数学物理学を学ぶかたわら、アレクサンドル・デュビュック(1812年~1898年)にピアノを師事[1]。莫大な遺産を相続したことから大学を卒業せず、サンクトペテルブルクに移って官僚になった[2]。ペテルブルクでアドルフ・フォン・ヘンゼルトの薫陶を受け、練習の意義を力説された。このことがズヴェーレフ自身の厳格な指導原理となり、門弟にも厳しい要求を課すことにつながった[3]公務員職に満足できず、デュビュックに説得されたこともあり、1867年にモスクワに戻って個人教師として立ったが、1870年ニコライ・ルビンシテインの要望を受け容れ、モスクワ音楽院の教師になった[1]。ズヴェーレフは同性愛者であり[4][5]、1893年に61歳で他界するまで生涯独身を貫いた[1]

指導法[編集]

ズヴェーレフに入門するには、オーディションを受けなければならず、合格してしまえば、ズヴェーレフ邸に身を寄せることになっていた。ズヴェーレフは一人ひとりの門人に多くを要求し、たとえば月ごとのオペラ鑑賞や室内楽のリハーサルもその一環だった[6]。一週間を通して、門弟たちは長時間練習しなければならなかったが、日曜日になると息抜きし、ズヴェーレフは自宅を開放した。日曜午後と夕方は、モスクワ中の音楽関係者や知識人を自宅に招いた。招待客には、ピョートル・チャイコフスキーアレクサンドル・タネーエフアントン・アレンスキーアントン・ルビンシテインワシーリー・サフォーノフアレクサンドル・ジロティのほか、俳優や法律家、学者がいた。こうした集いの間、ズヴェーレフは誰にもピアノに触れることを許さなかった。この集いは、門弟のためのものだったからである[1]

門弟[編集]

門弟らに囲まれるズヴェーレフ。左手から順に、サムエリソン、スクリャービン、マクシモフ、ラフマニノフ、チェルニャエフ、ケーネマン、プレスマン

ズヴェーレフは男子のみを内弟子とし[5]、彼らを「見習い」と呼んでいた[1]。ズヴェーレフには、先述のほかに以下のような高弟がいる。

註釈[編集]

  1. ^ a b c d e f Harrison, Max (2006). Rachmaninoff: Life, Works, Recordings. London: Continuum International Publishing Group. pp. pp. 11-15. ISBN 0-8264-9312-2. http://books.google.com/books?id=HwSvhu1kLikC. 
  2. ^ Seroff, Victor (1951). Rachmaninoff. London: Orion Publishing Group (Cassell). pp. p. 13. ISBN 0-8369-8034-4. 
  3. ^ (ポルトガル語) Gondim, Ricardo (2007年6月12日). “The kids who care, Concerto No. 2, Rachmaninoff”. Logos Electronico. 2007年12月8日閲覧。
  4. ^ Bowers, Faubion. “Scriabin Again and Again”. UBU Web. 2007年12月10日閲覧。
  5. ^ a b Harrison, p. 22. 「問題となったのは、ラフマニノフが作曲のために個室とピアノを求めたことではなく、ズヴェーレフが同性愛者だったことだ。なるほど、モスクワの多くの家庭を訪れては庇護者の夫人や娘を指導していたのだが、ズヴェーレフが自宅において ――女子ではなくて―― 男子ばかりと同居しているということは知れ渡っていたのである。」
  6. ^ Bertensson, Sergei; Jay Leyda (2001). Sergei Rachmaninoff: A Lifetime in Music. Bloomington, Indiana: Indiana University Press. pp. pp. 8-12. ISBN 0-2532-1421-1. http://books.google.com/books?id=KM-dgfOaIIkC.