ピアノソナタ第2番 (ラフマニノフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルゲイ・ラフマニノフの《ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調露語Соната No.2 для фортепиано)》作品36は、1913年の作品。ラフマニノフが完成させた2曲のピアノ・ソナタのうち、最後の作品である。

概要[編集]

ラフマニノフは1913年の1月から8月まで、合唱交響曲《》の構想と作曲のために、先人チャイコフスキーに倣ってイタリアに滞在していた。しかし、ローマで娘が病に倒れたため、名医を求めてドレスデンに立ち寄り、その地で《ピアノ・ソナタ第2番》を着想している。完成はロシア帝国に戻ってからであり、同年12月16日モスクワにおけるリサイタルで、作曲者自身の演奏により初演を見た。やはり1913年にモスクワのグートヘイリ社(およびライプツィヒブライトコプフ・ウント・ヘルテル社)より出版。音楽院時代の同級生で、音楽教師・ピアニストのマトヴェイ・プレスマンに献呈された。

ラフマニノフは1917年ロシア革命で亡命するまで、国内の演奏会でこの作品を演奏したが、今ひとつ評判が芳しくないことを悔やんでおり、渡米後の1931年に、ブージー・アンド・ホークス社より「新版」こと改訂版を発表した。しかしこれも、友人ウラジミール・ホロヴィッツに異議を唱えられる。ホロヴィッツは両者を折衷した独自の編曲(ホロヴィッツ版)を好んで演奏した。

評価と受容[編集]

このように、初版にせよ改訂版にせよ、ラフマニノフの生前に《ピアノ・ソナタ第2番》が正当に評価されたとはいえず、かつてはホロヴィッツが独自に作った編曲版のみが、ホロヴィッツの演奏や録音を通じて知られていたにすぎなかった。

だが、ラフマニノフの生誕100周年にあたる1970年代を境に事情は一変し、ウラディーミル・アシュケナージルース・ラレードマイケル・ポンティジャン=フィリップ・コラールジョン・ブラウニングアレクシス・ワイセンベルク清水和音エレーヌ・グリモーゾルタン・コチシュフレディ・ケンプ野原みどりエフゲーニ・ザラフィアンツらがラフマニノフ自身の版(初版もしくは改訂版)を演奏・録音するようになった。ただし、相変わらずホロヴィッツ版を好んだアレクセイ・スルタノフや、後に独自の版を取り上げるようになったグリモーのようなピアニストもいる。また、ハワード・シェリーはピアノ曲全集の企画の一環として、両方の版を録音している。

初版と改訂版の2つは、それぞれの魅力と一長一短ゆえに、優劣をつけることは実際のところ容易でない。ホロヴィッツやグリモーのように、両方を折衷して独自の版を作る演奏者(およびホロヴィッツ版を好む演奏者)の場合、初版は長すぎるし、改訂版は物足りないと考える[1]。改訂版を好むピアニストはたいてい、初版は冗長で散漫であると見なしているか、いずれにせよこれが最終決定版に違いないと認めているかである。一方、初版を好むピアニストは、改訂版は世に受け入れられるためになされた妥協であって、作曲者の望んだ真の姿のトルソにすぎない、と評価する。

作品[編集]

ファウスト物語に霊感を受けた標題的な《第1番》とは対照的に、これという文学的霊感にはよっていない。ただし、合唱交響曲《鐘》の構想中に着想されたためもあってか、ロシア正教の大小の鐘の音を模した音型が終始鳴り響いており、有名な《前奏曲》作品3-2や2つのピアノ協奏曲(《第2番》、《第3番》)と、発想の上で密接なつながりを保っている。

一方で、第2番という番号付けと変ロ短調という調性は、偶然とはいえショパンの前例と同じである。第1楽章の第2主題は、ラフマニノフがしばしば好んで引用したグレゴリオ聖歌怒りの日」の歌い出しに似ており、ラフマニノフのいくつかの作品と共通する「メメント・モリ」の命題が、この作品にも秘められていると言えよう。

版の異同[編集]

現在では、ブージー・アンド・ホークス社が初版と改訂版の両方を合冊で出版しているため、版の比較が容易になっている。

1913年版(初版)も1931年改訂版も、以下の3つの楽章で構成されている。

  1. Allegro agitato (変ロ短調)
  2. Non allegro. Lento (ホ短調
  3. L'istesso tempo. Allegro molto (変ロ長調)

またいずれにおいても、第2楽章と第3楽章が「アタッカ」の指示によって連結されており、連続して演奏することが意図されている。

1913年版[編集]

1931年版[編集]

関連事項・註・外部リンク[編集]

  1. ^ [1]