ナンシー・ベノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナンシー・ベノワNancy Benoit1964年5月21日 - 2007年6月22日)はアメリカ合衆国の元プロレスマネージャーである。主にウーマンWoman)の名前で活躍し、プロレスラークリス・ベノワの妻としても有名。婚姻前の名前はNancy Elizabeth Toffoloniマサチューセッツ州ボストン出身。

来歴[編集]

1984年にインディー団体で女子マネージャーとしてデビュー。フォーリン・エンジェル(堕天使)など何度か名前を変えながら順調にキャリアアップを遂げ、ウーマンの名でWCWリック・フレアーフォー・ホースメンのマネージャーを務めるまでに上り詰める。私生活では、ブッカーとして業界で大きな影響力を持っていたベテランレスラーのケビン・サリバンと結婚。

WCW離脱後、全盛期のECWサンドマンのマネージャーも務めていた時期もあった。程なくしてWCWに復帰、夫サリバンとクリス・ベノワのウーマンを巡る愛憎劇のストーリーの裏で、実際にベノワと恋愛関係となり、サリバンと離婚の後に再婚。表舞台からフェードアウトし家庭に入った。

2007年6月25日ジョージア州の新居で息子と共に他殺体で発見された。既に捜査は終了、日本的な解釈をすれば同時に自殺した姿で見つかった夫クリスによる無理心中であると結論付けられる。一方アメリカでは、有名人の家庭内殺人事件として報道され、話題を集めた。

担当選手[編集]

外部リンク[編集]