ドミトリー・バシキーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミトリー・アレクサンドロヴィチ・バシキーロフロシア語: Дмитрий Александрович Башкиров、ラテン文字転写例: Dmitri Aleksandrovich Bashkirov、1931年11月1日 チフリストビリシ) - )は旧ソ連グルジア出身のピアニスト・教授。娘エレーナは、ギドン・クレーメルと離婚した後、ダニエル・バレンボイムとの不倫を実らせ結婚した。

概要[編集]

長らくモスクワ音楽院で教鞭を執った後、イタリアスペインなど、南欧の音楽学校に招かれて教育活動を続けている。目下廃盤中であるが、シューマンの謝肉祭と幻想曲や、ブラームスのピアノ・ソナタのCDがあった。すでに70代を迎えているが、偉大なピアニストの一人として今なお定期的に演奏活動に取り組み、長年の教育経験を買われて、主だったコンクールの審査員を務めている。