トーレ・デル・ビエルソ鉄道事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーレ・デル・ビエルソ鉄道事故
Tunel 20 desaparecido estacion torre bierzow.jpg
トーレ・デル・ビエルソ駅とかつての20番トンネル
詳細
発生日 1944年1月3日
発生時刻 13時20分 (CET、UTC+01:00)
現場 トーレ・デル・ビエルソ
スペインの旗 スペイン
路線 マドリード - ラ・コルーニャ
運営者 RENFE
事故の種類 トンネル内での列車衝突事故
原因 ブレーキ故障
統計
被害列車数 3本
死者 78人(公式)
200–800人(非公式な推計値)
テンプレートを表示

トーレ・デル・ビエルソ鉄道事故(トーレ・デル・ビエルソてつどうじこ)とは、1944年1月3日スペインレオン県エル・ビエルソ英語版地域のトーレ・デル・ビエルソ付近のトンネル内で3本の列車が衝突した鉄道事故である。公式には死者は78人とされているが、当時は死者が200-250人に上ると推定され、より最近の研究では総死者数は500人以上であると推定された[1]

マドリードの鉄道博物館に展示してある客車。事故車両と同じタイプの車両

事故の経過[編集]

事故発生前日の夕方の20時30分(現地時間、CET)、ガリシアへ向かう郵便急行列車(車輪配置 4-8-0英語版蒸気機関車'マストドン'2両+客車12両)がマドリードを出発しラ・コルーニャへ向かって走行した。この列車がアストルガに到着した時には2時間遅れで走行しており、またブレーキに問題を抱えていた。そのため、アストルガでブレーキの点検に9分を要した。その後、機関車のうち1両が軸焼けのため使用不能となり運用から外された。列車はその時3時間遅れであり、ブラニュエーラス峠(Branuelas)を通る急な下り勾配を走行するには深刻な問題を抱えていたが走行を続ける決断をした。この列車はアルバーレス(Albares)に停車する予定だったが客車に備わっているすべての手ブレーキとを使用したにもかかわらず停車できなかった。アルバーレス駅の駅長は即座に電話でトーレ・デル・ビエルソにブレーキが故障した列車が下り勾配を暴走していると伝えた。トーレ・デル・ビエルソでは駅長が駅長室へ走り、暴走列車を減速させるために線路上に枕木を設置したが、これらの努力もそのかいなく列車は汽笛を絶え間なく鳴らしブレーキシューを使用しながら通過し、駅を越えてすぐのところにある20番トンネルに進入した。

その一方で、入換機関車と3両の客車が20番トンネルのうち、駅長が暴走している郵便列車について警告していた駅から離れた位置を走行していた。郵便列車が追突した時、後方の2両の客車はトンネル内を走行中であった。衝突の際、郵便列車の前方の客車6両は木造であったため列車のガス灯の火が引火し燃え始めた。

最初の衝突を知らない27両の貨車を牽引していた石炭列車が反対方向からトンネルに接近した。最初の衝突で信号ケーブルが破損しており、石炭列車が21番トンネルを出た時には進行信号が現示されていた。負傷していなかった入換機関車の運転士は必死で接近してくる石炭列車へ警告しようとした。石炭列車は何とか減速することができたが入換機関車が牽引する列車に突っ込み、入換機関車の運転士と石炭列車の乗務員4人が死亡した。

火は2日間燃え続け、すべての救助作業を遅らせ、また多くの犠牲者の身元が判別できなくなった。

当時のスペイン内戦に続くフランシスコ・フランコ政権下での厳しい検閲は事故が当時ほとんど公表されず、またRENFEの公式事故報告書も失われたことを意味した。多くの人々が切符を持っていなかったため、実際に乗っていた乗客の人数を推定することは困難を極めたが、生存者たちは列車は混雑しており多くの乗客がベンビブレのクリスマス市へ向かっていたと述べている。事故の規模が明らかにされたのは事故から随分時間がたってからであり、現在でも実際の事故の重大さについても様々な議論があり、いくつかの出典は総死者数は500人程度である主張している[1]

事故現場の20番トンネルは1985年に地質に問題があるため閉鎖された。

『20番トンネル(原題:Túnel número 20)』という表題の事故についての映画は2002年にゴヤ賞の短編ドキュメンタリー賞部門で受賞した。

参考文献 (スペイン語)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b El descarrilamiento de Santiago, el segundo accidente de tren más grave ocurrido en España”. Corporación de Radio y Televisión Española 2013 (2013年7月25日). 2013年9月24日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯42度35分24秒 西経6度21分59秒 / 北緯42.59000度 西経6.36639度 / 42.59000; -6.36639