トーマス・ウィレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thomas Willett

任期
1665年 – 1666年
後任者 トーマス・デラバル
任期
1667年 – 1668年
前任者 トーマス・デラバル
後任者 コーネリアス・ヴァン・スティーンウィック

出生 1605
イングランド王国バーレイ (ハートフォードシャー)英語版
死亡 1674年8月29日(69歳)
プリマス植民地スウォンジー (マサチューセッツ州)英語版(現在のブリストル (ロードアイランド州)英語版周辺)

トーマス・ウィレット(Thomas Willett、1605年 - 1674年8月29日)は、イギリス系アメリカ人商人政治家ニューヨーク市長を務めた。

人生[編集]

1605年8月、バーレイ (ハートフォードシャー)英語版の教区牧師舎内でアンドリュー・ウィレット英語版の四男として誕生し、同月の29日に洗礼を受けた。The King's School, Ely英語版で教育を受けた。16歳の時に父が死亡し、成人するまで母と母方の祖母と一緒に暮らしたようである。成人後、すぐにライデンに行き、プリマス植民地ウィリアム・ブラッドフォード (プリマス知事)英語版知事の信頼を得るようになった。

ネイティブアメリカンとの貿易で成功し、1633年、植民地の自由を認め、一級市民ジョン・ブラウンの娘と結婚した。その後すぐにニューアムステルダムとの貿易で、大型船舶所有者となった。プリマス植民地の知事補佐の1人として選出され、イギリスオランダ植民地間の紛争の仲裁人を務めた。また、軍事会社の所長となった。1660年初頭にプリマスの町を離れ、ロードアイランド州の一部を設立し、スウォンジー (マサチューセッツ州)英語版の創設者の1人になった。

英国司令官に付き添っていたリチャード・ニコルズは、1664年9月7日のニューアムステルダムの平和な降伏に貢献した。

新植民地ニューヨークと名付けられ、イギリスとオランダの承認を得て、1665年6月12日に初代市長、8月23日に海軍本部の長官に任命された。[1]翌年、市会議員に選出され、1667年に再び市長となった。

まもなくSwanseyに引退し、妻を亡くした後、ジョン・プルーデン牧師の未亡人と結婚した。リチャード・ラブレース英語版の元で1665年から1672年までNew York governor's executive councilのメンバーだった。1673年に引退し、1674年に69歳で死亡した。ロードアイランド州のイーストプロビデンスの川沿いBullock's CoveのLittle Neck Cemetery英語版に埋葬された。[2]宗教はIndependent (religion)英語版であった。

家族[編集]

息子のトーマス・ウィレットは、エドモンド・アンドロス英語版ヘンリー・スロウター英語版両知事の下でクイーンズ区民兵少佐や評議員を務めた。長女メアリーはハートフォードの創設者トーマス・フッカー英語版牧師の息子サミュエル・フッカー牧師と1658年に結婚した。[3]

1807年から1808年までニューヨーク市長を務めたマリナス・ウィレットは曾孫だと主張する者もいる。この主張は、E・ハビランド・ヒルマンが1916年4月に発表したThe New York Genealogical and Biographical Recordの47巻119ページで論破されている。[4]

子孫は多かった。オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアの詩の'Dorothy Q.'はトーマスの曾孫娘で、ホームズの曾祖母にあたる。

脚注[編集]

参考文献[編集]

Attribution
新設 ニューヨーク市長
1665年 – 1666年
次代:
トーマス・デラバル
先代:
トーマス・デラバル
ニューヨーク市長
1667年 – 1668年
次代:
コーネリアス・ヴァン・スティーンウィック