トロール (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トロールTroll)は、ファンタジー作家J・R・R・トールキンの作品世界中つ国に登場する架空の種族である。

概要[編集]

トールキンの神話体系(『ホビットの冒険』、『指輪物語』、『シルマリルの物語』)の、とくに後代の作品で、初代冥王の被造物としてトロールが見られた。シンダリン語での表記は Torog。その起源はモルゴスに造られた事以外は不明だが、モルゴスもサウロンも「神秘の火」の力へは到達できなかったため、無から新たな種族を創造することはできない。なお。ゴブリンの魂(または邪念)が込められた大岩であるという意見もある[1]。強力であるが、所詮はエント族を模造したものにすぎない。トールキンは通常の諸巨人族(複数が存在)の他に、エントを「木の巨人」、トロールを「岩の巨人」というような類別をしている[2]。洞窟トロルや雪トロルなど様々な種類が存在するが(最低でも6種類以上)、共通することはどれも巨大で通常の武器が通じないほど堅い皮膚を持ち、優れた武器戦闘術をも備え、肉弾戦では無類の強さを発揮することである。肌色は灰や黒のほか、白や水白色、赤茶などがある。映像作品では、歯や牙(オログ=ハイ)、頭髪や体毛が種類によって異なる。このほか、とくに『ホビットの冒険』においては太陽光を浴びると石化するとされた。また、知能の程度や言語能力にも種類間で差が見られる。暗黒語が共通語にあたり、習得言語数も種類や個体によって差がある。「怒りの戦い」において、竜族バルログ巨狼吸血鬼や大蝙蝠などその他の多くの闇の怪物ら(これら以外にも闇の怪物の軍勢であるÚvanimorオーガ巨人Kaukareldarなど諸々の怪物や悪霊の類がいた)や闇のドワーフなど堕ちた自由の民ら同様に、その殆どがこの戦いで滅ぼされた。その後、着々と数を増やし、巨大な闇の怪物らが殆ど消え去った第二紀第三紀における、暗黒軍の戦力の中核を担った。Trollshaws と呼ばれる高地の森に多数が潜んでいたと言われる。

オログ=ハイ[編集]

『指輪物語』では、次代冥王サウロンによって生み出された凶暴な山トロールの上位種「オログ=ハイ」が登場。その身を巨大な剣や鎧で武装しており、知能や戦闘能力、武器の扱いも向上、また太陽光を浴びても石化しないなど大幅な強化がなされた。サウロン配下の中でも単純な近接戦闘においては最上位の強さをみせ、アラゴルン率いる旅の仲間らとゴンドール軍を大いに苦しめるも、フロド・バギンズによって一つの指輪が破壊され、力の源泉たるサウロンが滅びると、共に滅んだ。

その他[編集]

  • 自由の民により、第一紀の暗黒軍や中つ国の伝説・噂話に見られる巨人と混同されることもある。
  • ペレンノール野の合戦にも参戦したとされる半トロール(Half-trolls)や、二つ頭のトロール(Two Headed Trolls)[3]などの種族も確認されている。
  • 特に『ホビットの冒険』に見られたが、トロールのポケットから物品が盗まれるのを防犯するための謎の生物Troll-Purses(トロール財布)を携帯していることがある。[4]ビルボ・バギンズがトロールに捕獲される原因となった、この喋る生物については起源も含めた一切が正体不明であり、初代冥王モルゴスが生物を「創造」することができないことから、第二紀のヌメノール沈没以前にサウロンによって創造されたものとする考察も存在するが、ヌメノール沈没後トロールたちが自らこの生物の繁殖・製造方法を体得したのか、サウロンが作り出したものが生きながらえていたのかなどの謎が残る。
  • ペレグリン・トゥックミナス・ティリスの護衛兵になった際に得、黒門での戦いにて使用した剣は「トロールの禍 (Troll's bane)」と名づけられた。これは、彼が同戦においてトロールの大将を討ち取ったことに由来する。

脚注[編集]

  1. ^ HoMeVII, pg 411
  2. ^ HoMeVII, pg 411
  3. ^ ホビットの冒険』中で言及されたが、呼称と「一つ頭のものより凶暴である」こと以外は殆どの詳細が不明
  4. ^ J.R.R.トールキン, 『ホビットの冒険』, 第二章「ヒツジのあぶり肉」, 2014年12月10日閲覧

外部リンク[編集]