デニス・リチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・リチャーズ
Denise Richards
デニス・リチャーズDenise Richards
(2009年)
本名 Denise Lee Richards
生年月日 1971年2月17日(43歳)
出生地 イリノイ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 女優
活動期間 1990年 -
配偶者 チャーリー・シーン (2004 - 2006)
主な作品
スターシップ・トゥルーパーズ
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

デニス・リチャーズDenise Richards, 本名Denise Lee Richards,デニス・リー・リチャーズ 1971年2月17日 - )はアメリカ女優イリノイ州出身。『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』のボンドガールで知られる。

来歴[編集]

15歳からモデルをはじめ、高校卒業後にロサンゼルスに移る。テレビや映画に出始めるようになり、1997年の『スターシップ・トゥルーパーズ』のヒロイン役で脚光を浴びた。続く『ワイルドシングス』ではヌードシーンに挑戦。3P、レズなどのハードな濡れ場が話題を呼び、一躍メジャーになった。

007シリーズ007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』ではボンドガール「クリスマス・ジョーンズ」役を演じたが、この役でゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の最低助演女優賞を受賞している。

私生活[編集]

2002年6月15日、俳優のチャーリー・シーンと結婚[1]2004年3月9日には長女サムを出産[2]したが、翌年2人目を妊娠中に離婚を申請し[3]、次女ローラを出産した[4]。シーンと親権争いを行い[5]、殺すと脅された(シーンは否定)と訴えたためシーンにリチャーズと2人の子供への接近禁止命令が下る[6][7]などした末、2006年11月に離婚が成立した[8][9]。離婚手続き中にリチャーズは妻子あるミュージシャンのリッチー・サンボラと、シーンは不動産投資家のブルック・ウォロフスキー(ブルック・ミューラー)と交際を始めた[10][11]。サンボラは2007年4月に妻ヘザー・ロックリアと離婚に到った[12]が、その1ヶ月前にはリチャーズと彼の関係も破局していた[13]。一方、翌年にはシーンがブルック・ミューラーと挙式した[14]

2008年、リチャーズはサムとローラをリアリティ番組に出演させようとし、シーンがこれに反対して訴えを起こしたが、裁判官は条件付きで出演を認めた[15]。このリチャーズの行いには、チャーリー・シーンの父親のマーティン・シーンも、苦言を呈した[16]

また、「PLAYBOY」2004年12月号(日本では「月刊プレイボーイ」2005年2月号)のグラビアヘアヌードで登場している。

2度豊胸手術をした後、乳房縮小術を1度したことを認めている[17][18]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1993 ローデッド・ウェポン1
Loaded Weapon 1
シンディ
1994 イタリアンズ/戦慄の血脈
Lookin' Italian
エリザベス
1996 トゥルー・アイズ
In the Blink of an Eye
ティナ テレビ映画
1997 ノーウェア
Nowhere
ジャナ
スターシップ・トゥルーパーズ
Starship Troopers
カルメン・イバネス
1998 ワイルドシングス
Wild Things
ケリー・ヴァン・ライアン
1999 わたしが美しくなった100の秘密
Drop Dead Gorgeous
ベッキー・アン・レーマン
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
The World Is Not Enough
クリスマス・ジョーンズ
テールライトは眠らない
Tail Lights Fade
ウェンディ
2001 バレンタイン
Valentine
ペイジ・プレスコット
チャーリー・シーンの ミスター・グッド・アドバイス
Good Advice
シンディ
2002 ドラッグ・ディーラー 仁義なき賭け
Empire
トリシュ
アンダーカバー・ブラザー
Undercover Brother
ペネロープ・スノー/ホワイト・シー・デビル
恋の方程式 あなたのハートにクリック2
The Third Wheel
ディアナ・エヴァンス
プリティ・イン・ニューヨーク
You Stupid Man
クロエ
2003 ラブ・アクチュアリー
Love Actually
カーラ
最'狂'絶叫計画
Scary Movie 3
アニー
2004 娼婦たち
Yo puta
レベッカ・スミス
トラブル IN ベガス
Elvis Has Left the Building
ベリンダ
2008 ダブル・ブロンド
Blonde and Blonder
ドーン
2009 冒険してもいいコロ!
Finding Bliss
ブリス/ローラ

テレビシリーズ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 ビバリーヒルズ高校白書
Beverly Hills, 90210
レベッカ エピソードWedding Bell Blues
1993 となりのサインフェルド
Seinfeld
モリー エピソードThe Shoes
1996 メルローズ・プレイス
Melrose Place
ブランディ・カーソン 3エピソード
2001 フレンズ
Friends
キャシー・ゲラー(ロスの従妹) エピソードThe One with Ross and Monica's Cousin
スピン・シティ
Spin City
ジェニファー・ダンカン 4エピソード
2003、2004、2011 チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ
Two and a Half Men
リサ 3エピソード
2005 Sex, Love & Secrets Jolene Butler 8エピソード
2010-2011 Blue Mountain State デボラ 18エピソード


参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “D・リチャーズとC・シーンの結婚準備は順調”. シネマトゥデイ. (2002年6月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0001914 2009年8月4日閲覧。 
  2. ^ “チャーリー・シーンに女の子誕生”. シネマトゥデイ. (2004年3月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0004578 2009年8月4日閲覧。 
  3. ^ “チャーリー・シーンとデニース・リチャーズ、離婚へ”. シネマトゥデイ. (2005年3月3日). http://www.cinematoday.jp/page/N0006133 2009年8月4日閲覧。 
  4. ^ “デニース・リチャーズ、二人目の女の子を出産”. シネマトゥデイ. (2005年6月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0006570 2009年8月4日閲覧。 
  5. ^ “デニース・リチャーズ、チャーリー・シーン、口もきかないほど険悪に”. シネマトゥデイ. (2006年2月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007776 2009年8月4日閲覧。 
  6. ^ “チャーリー・シーン、デニース・リチャーズに対し、殺すと脅迫?”. シネマトゥデイ. (2006年4月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0008254 2009年8月4日閲覧。 
  7. ^ Lehner, Maria (2006年4月22日). “Judge: Charlie Stay Away from Denise”. ピープル. http://www.people.com/people/article/0,,1186351,00.html 2009年8月4日閲覧。 
  8. ^ “Inside Charlie Sheen and Denise Richards' Divorce” (英語). FOXニュース. (2007年10月3日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,299100,00.html 2009年8月4日閲覧。 
  9. ^ “Charlie Sheen & Denise Richards Free to Wed Again” (英語). ピープル. (2006年11月30日). http://www.people.com/people/article/0,,1564496,00.html 2009年8月4日閲覧。 
  10. ^ “チャーリー・シーンに新恋人”. シネマトゥデイ. (2006年6月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0008531 2009年8月4日閲覧。 
  11. ^ “Denise Richards & Richie Sambora Hook Up” (英語). ピープル. (2006年4月25日). http://www.people.com/people/article/0,,1186662,00.html 2009年8月4日閲覧。 
  12. ^ Chiu, Alexis (2007年4月11日). “Heather Locklear & Richie Sambora's Divorce Finalized”. ピープル. http://www.people.com/people/article/0,,20034452,00.html 2009年8月4日閲覧。 
  13. ^ Harrigton, Maureen; Jordan, Julie (2007年5月15日). “Denise Richards and Richie Sambora Break Up” (英語). ピープル. 2009年8月4日閲覧。
  14. ^ “チャーリー・シーン、再婚 3度目の正直になるか?”. シネマトゥデイ. (2008年6月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014041 2009年8月4日閲覧。 
  15. ^ “子供のテレビ出演でチャーリー・シーンとデニース・リチャーズ、再び法廷へ”. シネマトゥデイ. (2008年1月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012601 2009年8月4日閲覧。 
  16. ^ “マーティン・シーン、息子の元嫁デニース・リチャーズに苦言”. シネマトゥデイ. (2008年3月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013255 2009年8月4日閲覧。 
  17. ^ “ボンドガールのデニス・リチャーズが3度の豊胸手術を認める”. eiga.com. (2009年6月8日). http://eiga.com/buzz/20090608/6 2009年8月18日閲覧。 
  18. ^ Friedman, Roger (2009年6月5日). “Bond girl Denise Richards admits she's had THREE breast ops” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1191103/Bond-girl-Denise-Richards-admits-shes-THREE-breasts-ops.html 2009年8月4日閲覧。 

外部リンク[編集]