ツノシャクケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツノシャクケイ
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ホウカンチョウ科 Cracidae
: ツノシャクケイ属 Oreophasis
Gray, 1844
: ツノシャクケイ O. derbianus
学名
Oreophasis derbianus
Gray, 1844
和名
ツノシャクケイ
英名
Derby's guan
Horned guan
Load Derby's mountain pheasant

ツノシャクケイ(角舎久鶏、Oreophasis derbianus)は、動物界脊索動物門鳥綱キジ目ホウカンチョウ科ツノシャクケイ属に分類される鳥類。本種のみでツノシャクケイ属を構成する。

分布[編集]

グアテマラ北部、メキシコ南部(ホンジュラスに分布する可能性もあり)

形態[編集]

全長75-85cm。翼長オス36.5-42cm、メス35.3-37.8cm。全身は緑色の光沢がある黒い羽毛で覆われる。上嘴の基部は羽毛で被われる。胸部は白い羽毛で被われ、羽軸は黒い。尾羽には白く太い横縞が入る。

頭頂には赤い骨質の突起があり、和名や英名(horned=角のある)の由来になっている。虹彩は白い。嘴の色彩は黄色。喉には羽毛が無く、赤い皮膚が露出する。

生態[編集]

標高1,525-3,350m(主に2,300-3,100m)にある下生えが繁茂した雲霧林に生息する。

食性は植物食で、植物の葉、果実などを食べる。地表で採食を行う。

繁殖形態は卵生。1羽のオスと3-5羽のメスが交尾を行うと考えられている。樹上に枯れ葉やコケを組み合わせた巣を作り、1回に2個の卵を産む。抱卵期間は34-36日。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされる事もある。

開発や放牧、内乱による生息地の破壊、食用の乱獲などにより生息数は激減している。1970年代後半における生息は1,000羽未満と推定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、66、186-187頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥I』、平凡社1986年、152、155頁。
  • 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』、東京動物園協会、1987年、35、165頁。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「ツノシャクケイ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類