チャイナレイク グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャイナレイク ポンプアクション・グレネードランチャー
China Lake Pump-Action Grenade Launcher
China Lake 4x40 REMOV.jpg
チャイナレイク グレネードランチャー
種類 グレネードランチャー
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
運用史
配備期間 1968年 - 現在(限定的)
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
開発史
開発者 Alfred F. Kermode
開発期間 1967年
製造業者 チャイナレイク海軍武器センター
製造期間 1968年, 2009年 -
製造数 50丁以下、2009年以降は500丁以上
諸元
重量 装填時:4.63 kg (10.21 lb)
未装填時:3.72 kg (8.2 lb)
全長 875 mm (34.4 in)
銃身 356 mm (14.0 in)

弾丸 40x46mm SR
作動方式 ポンプアクション
発射速度 15発/分
初速 76 m/s (249 ft/s)
有効射程 350 m
装填方式 3発チューブ型弾倉

チャイナレイク・モデル(China Lake Model)、またはチャイナレイク ポンプアクション・グレネードランチャー(China Lake Pump-Action Grenade Launcher)とは、アメリカ合衆国で開発されたポンプアクショングレネードランチャーである。SEALsへの配備を想定し、チャイナレイク海軍武器センター英語版の特殊武器研究所で開発された。

歴史[編集]

当時、アメリカ軍で採用されていたM79XM148の2種のグレネードランチャーは信頼性こそ高かったものの単発式で、また試作型の連発式グレネードランチャーT148E1は非常に信頼性が低かった。こうした背景の中、チャイナレイク研究所では新たな連発式グレネードランチャーの設計を開始した。その結果、開発されたのがチャイナレイク・モデルである。チャイナレイク・モデルは筒型弾倉に3発の40mm×46グレネードを保持し、これに薬室内の1発を加え、合計4発のグレネードを速射する事ができる。熟練した射手が用いた場合、初弾が着弾するよりも先に4発目を十分な精度で発射できるほどに速射性が高かったという。銃本体の金属部品には主にアルミニウムが用いられている為、大きさの割には軽量であった。ただし、変形型のグレネードを用いる場合には装填不良が発生することが多かった。

照門はM79と同様のリーフ型アイアンサイトで、照星は固定型の正方形のノッチだった。照準距離は照門を倒した状態が75mで、照門を起こすと100mから400mまで25m刻みで変更できた。

チャイナレイク・モデルはSEALs向けに開発された装備だが、海兵隊武装偵察部隊や陸軍の第5特殊部隊グループ英語版でも一部で使用された。

生産数については異なるいくつかの数字が残されている。20から30丁程度が製造されたとする資料のほか、わずか16丁のみが製造されたとする資料もある[1]。製造番号50番の機関部も見つかっているが、それらが実際に組み立てられたのかは不明である。SEALsに詳しい歴史家のケビン・ドッケリー(Kevin Dockery)は、少なくとも22丁が組み立てられたことを海軍の記録の中から突き止めている。現在、海軍では3丁のみを保管している[2]

チャイナレイク・モデルはしばしば誤ってEX-41英語版China Lake NATICとも呼ばれる。EX-41はチャイナレイク・モデルの設計を参考に、1980年代半ばになってから新たに設計された別のグレネードランチャーである。EX-41自体は設計案に留まり、試作も行われなかった。China Lake NATICという名称も実際に用いられたことはない。チャイナレイク・モデルは特殊部隊向けの装備であったこともあり、公式な採用は行われず、また制式名称も付与されていない。その為、SEALsでは開発した施設の名前から「チャイナレイク・グレネードランチャー」(The China Lake Grenade Launcher)と呼称していた。

現在、チャイナレイク・モデルは4丁の現存が確認されており、いずれも博物館に展示されている。フロリダ州フォート・ピアース英語版内のUDT/SEAL博物館(UDT/ SEAL Museum)には製造番号4番が、ベトナムの戦争証跡博物館には製造番号13番が[1]、ワシントンD.C.の米海軍博物館(US Navy Museum)には製造番号2番が展示されている[3]。最後の1丁はクレーン海軍水上戦センター英語版にて保管されているが、通常は一般公開されていない。

脚注[編集]

  1. ^ a b Bruce, Robert (December 2006). “Treasures of the UDT-SEAL Museum”. Small Arms Review 10 (3): 46. ISSN 1094-995X. 
  2. ^ Dockery, Kevin (December 2004). Weapons of the Navy SEALs. New York City: Berkley Publishing Group. p. 382. ISBN 0-425-19834-0. 
  3. ^ http://imgur.com/c8kvl