チベタン・マスティフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チベタン・マスティフ
11m-czny mastif.jpg
別名
チベット犬、藏獒、西藏獒犬、東方神犬
原産地 中国チベット高原
主要畜犬団体による分類と標準
FCI Group 2 Section 2 #230 標準
AKC Miscellaneous 標準
JKC 第2グループ 標準
KC Working 標準

チベタン・マスティフ (Tibetan Mastiff) は中国チベット高原を原産地とする超大型。その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種である。中国語では「藏獒」(Zàng áo) あるいは「西藏獒犬」(Xīzàng áoquàn) となり、「東方神犬」との異名もある。チベット語ではདོ་ཁྱི།(ドーキー)と呼ばれている。

特徴[編集]

外観

体高66cm、体重64~82kg。主人への忠誠心が強く、外敵に対しては勇敢に戦う犬種である。そのため番犬、護衛犬、猟犬に優れている[1]

本種の外見上、特に首周りの毛の特徴から「獅子型」と「虎型」にタイプが分けられる。なお「獅子型」はさらに毛の長い「大獅子頭型」と短い「小獅子頭型」に分けられる。 毛の色からは、主に黒色、赤毛、金黒、灰、白、黄から構成されており、尾の毛は長く巻いているため、中国ではその部位をキクの花に例えられている。

本種の疾患としては、大型犬特有の股関節形成不全になりやすいことが挙げられている。

歴史[編集]

古くからチベット牧畜民牧羊犬番犬として飼育し、世界の大型犬の原種の一つと見られている。

チンギス・ハーンは3万匹のチベタン・マスティフ軍団を引き連れて西征したと言われる。またマルコ・ポーロの『世界の記述』(いわゆる『東方見聞録』)で「ロバのように高く、ライオンのように力強い声。凶暴で大胆」と記述されている生物は、チベタン・マスティフを指していると考えられている。

19世紀初めにチベットではほとんど絶滅したが、イギリスの飼育業者が興味をもって飼育し、ジョージ4世が2頭所有していた。

中国では国家第二類保護動物に指定されている。

現況[編集]

首周りの毛色に注意

現在、中国での価格は1匹10万元(約130万円)から1000万元(約1億5000万円)もする高額な犬種となっており、主に富裕層の間で人気化している。特に「大獅子頭型」という首の周りの毛が雄のライオンのように見えるもの(右画参照)が好まれる傾向がある。2013年現在、北京周辺にいくつもの飼育場があるとされている。

2013年8月には、中国河南省漯河市にある「人民公園」内の動物園で、チベタン・マスティフをライオンと偽って展示していた事件が発覚した[2]

参考文献[編集]

  • 韓蒙燕、劉瀟『藏獒』、中国林業出版社、2007年、北京

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チベタン・マスティフ Yahoo!ペット 2012年9月23日閲覧
  2. ^ 大型犬をライオンとして展示、鳴き声で正体判明 中国動物園AFP通信、2013年8月15日記事。

外部リンク[編集]