セルゲイ・フルシチョフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・フルシチョフ

セルゲイ・ニキーティチ・フルシチョフロシア語: Серrей Никитич Хрущёв, ラテン文字転写: Sergei Nikitich Khrushchev1935年7月2日 - )は、ソビエト連邦モスクワ出身で、アメリカ合衆国在住の科学者歴史学者

プロフィール[編集]

後にソビエト連邦共産党第一書記を務めたニキータ・フルシチョフを父に生まれた。ウクライナ科学アカデミーモスクワ工科大学などで学ぶ。ソ連時代はミサイル誘導システムや潜水艦用巡航ミサイルの技術開発などに携わる。

父親が1964年に失脚した後も技術者として働いたが、失脚後も党中央委員を務めた父親の回顧録執筆をめぐり、アンドレイ・キリレンコからの中止依頼をはねつけたために当局から様々な嫌がらせを受けることになり、後にミサイルの技術開発者から外されることとなる。

1991年にソ連崩壊を機にアメリカに移住し、ハーバード大学客員研究員を経て、1996年からブラウン大学ワトソン国際関係研究所上級研究員。1999年に妻とともにアメリカに帰化しロシア系アメリカ人となった。著書も多いほか、多くの大学や研究機関などで公演を行っている。

著書[編集]

単著[編集]

  • Khrushchev on Khrushchev: An Inside Account of the Man and his Era, edited and translated by William Taubman, (Little, Brown, 1990).
福島正光訳『父フルシチョフ解任と死(上・下)』(草思社, 1991年)
  • Nikita Khrushchev: and the Creation of a Superpower, translated by Shirley Benson, (Pennsylvania State University Press, 2000).

編著[編集]

  • Memoirs of Nikita Khrushchev, 3 vols., translated by George Shriver and Stephen Shenfield, (Pennsylvania State University Press, 2004-2007).
    • Vol. 1: Commissar: 1918-1945
    • Vol. 2: Reformer: 1945-1964
    • Vol. 3: Statesman; 1953-1964

共編著[編集]

  • Nikita Khrushchev, co-edited with William Taubman and Abbot Gleason, translated by David Gehrenbeck, Eileen Kane, and Alla Bashenko, (Yale University Press, 2000).

関連項目[編集]