セリン (鳥)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリン
Girlitz.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: アトリ科 Fringillidae
: カナリア属 Serinus
: セリン S. serinus
学名
Serinus serinus (Linnaeus, 1766)
英名
European Serin

セリン(Serine, 学名 Serinus serinus)またはヨーロッパセリン (european serine) はスズメ目アトリ科の小型の鳥である。

ヨーロッパ南部から中央部、および北アフリカにかけて分布する。南部や大西洋沿岸部に住む種類は留鳥だが、北部の品種はヨーロッパ南方に向かって渡りを行う。繁殖期外には群れを形成し、しばしばマヒワなど他のスズメ目と混成する。

開けた森林や耕作地、特に針葉樹のある林に好んで生息する。針葉樹や柑橘類の樹上に巣を作り、3から5個の卵を産む。餌は主に植物の種子で、繁殖期には昆虫も捕食する。小型のセリンは活発に動き、よく目にされる鳥である。

小さく短い尾を持ち、体長は11–12センチメートル程度である。体の上部は黒い縞のある灰色がかった緑色で、臀部は黄色い。胸は黄色、腹部は白く、ここにも多数の縞が入っている。オスは顔と胸がより明るい黄色であり、黄色の線が入った翼と側部が黄色の尾を持つ。騒々しい声でさえずり、その鳴き声は地中海の国々で慣れ親しまれている。