タデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タデ
Polygonum hydropiper
ヤナギタデ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
: Persicarieae
: イヌタデ属 Persicaria
: サナエタデ節 Sect. Persicaria
学名
Sect. Persicaria Miller[1]
和名
タデ(蓼)
ヤナギタデ(柳蓼)
英名
Smartweed

タデ(蓼)は、タデ科イヌタデ属 (Persicaria) の一部[2]、より具体的にはサナエタデ節 (ペルシカリア節、sect. Persicaria) の総称である[3][4]。なお、かつてイヌタデ属などはタデ属 (Polygonum s.l.) にまとめられていたが、Hedberg (1946) や続く研究者により、現在ではそれらは約8属に分割される[5][6][1]

全て草本で、陸地生のものは一年草だが、水生のものには地下茎を引く多年草もある[4]

また、タデ科の一年草の中で穂状花序のものと定義することもある[7]。ただしタデ科内では、イヌタデ属サナエタデ節の他に、同属ミズヒキ節 sect. Tovaraイブキトラノオ属 Bistorta も花序は穂状である[8]

狭義にはサナエタデ節のヤナギタデ(柳蓼、Persicaria hydropiper (L.) Delarbre[9])を意味する[4][2]。本来の「タデ」はこの種で、「蓼食う虫」の蓼もこの種である。標準和名「ヤナギタデ」は、ヤナギに似ていることから。

分布[編集]

温帯を中心にほぼ全世界に生息する[10]

特徴[編集]

花序は穂状[8]葉鞘は切形[8]

系統関係[編集]

イヌタデ属はサナエタデ節に加え、sect. Tovara, Echinocaulon, Cephalophilon の計4節からなる[5][6][1](第5の節 sect. Rubrivena を加える説もあった[10][8]が否定されオンタデ属に移された[1][6])。それらや近縁属との系統関係は次のとおり[5][6]

Persicarieae



チシマミチヤナギ属 Koenigia



オンタデ属 Aconogonon




イブキトラノオ属 Bistorta



イヌタデ属

タニソバ節 sect. Cephalophilon





ミズヒキ節 sect. Tovara



sect. Echinocaulon




サナエタデ節 sect. Persicaria





一方、分子系統により、サナエタデ節のエゾノミズタデ Persicaria amphibiaハリタデ Persicaria bungeana を、それぞれ1種からなる新節 sect. Amphibia, Truelloides に分離する説が現れた[8]が、少なくとも sect. Amphibia はサナエタデ節内に位置するようである[6]

主な種[編集]

サナエタデ節には約60種が属す[10][8]

日本には約20種を産する[4](以下のリストの大きな区分けは、生態・形態によるものであり、分類学的なものではない)。

そのほかの主な種:

このほか、和名に「タデ」を含む種が他の属に散在するが、系統的にはやや遠い(イヌタデ属からオンタデ属に移された sect. Rubrivena の種とは関係ない)。

利用[編集]

特有の香り辛味を持ち、香辛料として薬味刺身つまなどに用いられる。野生の紅タデがもっとも辛く、栽培種の青タデは辛さが少ない。辛味成分はポリゴジアール

タデの葉をすりつぶしてでのばしたものはタデ酢と呼ばれ、アユ塩焼きに添えられる。

品種としては、柳タデ(本タデ)、紅タデ、青タデ、細葉タデなどがある。福岡県朝倉市は、日本国内生産の約7割を占める。

ベトナムでは付け合わせとしてよく食べられている。

アイは、染料に使われるほか、ヤナギタデの出荷が難しい晩秋から初冬にかけ、つま用として栽培出荷される。ただし辛みはない。

オオケタデは観賞用に栽培される。

文化[編集]

  • 蓼食う虫も好きずき - ことわざ。他に草があるにも係わらず辛い蓼を食べる虫も居るように、人の好みは様々で、一般的には理解しがたい場合もあるということ。
  • 蓼虫辛きを知らず(りょうちゅうからきをしらず、蓼虫不知辛) - 王粲の詩「七哀詩」の一節から来た格言。
  • 谷崎潤一郎 『蓼食う虫』

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Li, Bo (2004), “Reinstatement of Persicaria sinica Migo (Polygonaceae, Persicarieae)”, Phytotaxa 161 (2): 148–156, doi:org/10.11646/phytotaxa.161.2.6 
  2. ^ a b 土屋和三 (2009), “タデ(蓼)”, 世界大百科事典, 2009年改定新版, 平凡社 
  3. ^ 籾山泰一 (1972), “タデ(蓼)”, 万有百科大事典 19 植物, 小学館 
  4. ^ a b c d 小林純子 (1987), “タデ(蓼)”, 日本大百科全書, 小学館 
  5. ^ a b c Kim, Sang-Tae; Donoghue, Michael J. (2008), “Molecular phylogeny of Persicaria (Persicarieae, Polygonaceae)”, Systematic Botany 33 (1): 77-86 
  6. ^ a b c d e Fan, Deng-Mei; Chen, Jia-Hui; et al. (2013), “Molecular phylogeny of Koenigia L. (Polygonaceae: Persicarieae): Implications for classification, character evolution and biogeography”, Molecular Phylogenetics and Evolution 69: 1093–1100, http://210.72.14.139:8080/bitstream/131C11/2691/1/V.69%201093-1100%202013.pdf 
  7. ^ “タデ”, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 REFERENCE GUIDE, 第2版改訂版, (1993) 
  8. ^ a b c d e f Galasso, G.; Banfi, E.; et al. (2009), “Molecular phylogeny of Polygonum L. s.l. (Polygonoideae, Polygonaceae), focusing on European taxa: preliminary results and systematic considerations based on rbcL plastidial sequence data”, Atti della Societa Italiana di Scienze Naturali e del Museo Civico di Storia Naturale di Milano 150: 113–148, http://www.researchgate.net/profile/Gabriele_Galasso/publication/257029473_Molecular_phylogeny_of_Polygonum_L._s.l._%28Polygonoideae_Polygonaceae%29_focusing_on_European_taxa_preliminary_results_and_systematic_considerations_based_on_rbcL_plastidial_sequence_data/file/60b7d5243dcbdf2e06.pdf 
  9. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月15日閲覧。
  10. ^ a b c Persicaria (Linnaeus) Miller Flora of North America.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]