シモツケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シモツケ
Simotuke(JapaneseSpiraea)1.jpg
シモツケの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae
: シモツケ属 Spiraea
: シモツケ S. japonica
学名
Spiraea japonica
和名
シモツケ(下野)
英名
Japanese Spiraea

シモツケ(下野、学名:Spiraea japonica)はバラ科シモツケ属落葉低木。別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。

特徴[編集]

北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生する。成木の樹高は1mほどであり、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせ、秋には紅葉する。古くから庭木として親しまれてきた。

和名は下野国に産したことに由来するという。

同じシモツケ属の仲間にはコデマリユキヤナギがある。 シモツケは富士山にも咲いている。

寒さに強く、日当たりを好む。

耐寒性:強い 耐暑性:普通

栽培難易度:育てやすい

かかりやすい病虫害[編集]

関連項目[編集]

伊吹山にて・7月