セシル・デイ=ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セシル・デイ=ルイス(Cecil Day-Lewis, CBE, 1904年4月27日 - 1972年5月22日)は、アイルランド生まれのイギリス詩人作家推理作家である。1967年から1972年までイギリスの桂冠詩人。別名ニコラス・ブレイク(Nicholas Blake)。息子は俳優ダニエル・デイ=ルイス。詩人のオリヴァー・ゴールドスミスは母方の傍系の親類にあたる[1]

経歴[編集]

1904年アイルランド牧師の家に生まれる。一家はまもなくロンドンに移住した。オックスフォード大学ウォダムカレッジ在学中にW・H・オーデンと出会い、生涯の友となった。在学中から詩作の才能を示し、卒業後は教師として働いた。1925年に発表した詩集 "Beechen Vigil" で詩人としての地位を確立し以後多くの詩を発表した。第二次世界大戦中は政府の情報部に勤め、戦後は母校の教授に迎えられた。1967年にはジョン・メイスフィールドの死去に伴ってイギリスの詩人としては最高の地位である桂冠詩人に任命された。1972年アイルランドで死去した。

一方ニコラス・ブレイクのペンネームでは多くの推理小説を遺した(日本ではこちらのほうが有名である)。1935年に生活のために発表した処女作『証拠の問題』の後、20作以上の文学性豊かな推理小説を著した。特に有名なのは1938年に発表した『野獣死すべし』である。多くの作品ではシリーズ探偵ナイジェル・ストレンジウェイズが活躍する。その作風や登場時期などからマイクル・イネス(en:Michael Innes) らとともに新本格派と並び称されることがある。

著作一覧[編集]

『』は主な邦題

詩集[編集]

小説[編集]

  • 1948年 『オタバリの少年探偵たち』 瀬田貞二訳(1957年)脇明子訳(2008年)岩波少年文庫(The Otterbury Incident)
  • 『丘の上のカシの木』 栗原行雄訳 晶文社

ニコラス・ブレイク名義の長編推理小説[編集]

特に記載のないものは早川書房から刊行(ハヤカワポケットミステリ。さらに一部はハヤカワミステリ文庫)。-NS-はナイジェル・ストレンジウェイズもの。

  • 1935年 『証拠の問題』A Question Of Proof -NS-
  • 1936年 『死の殻』 Thou Shell of Death(創元推理文庫)-NS-
  • 1937年 『ビール工場殺人事件』 There's Trouble Brewing(「別冊宝石」に掲載)-NS-
  • 1938年 『野獣死すべし』 The Beast Must Die-NS-
  • 1939年 『短刀を忍ばせ微笑む者』The Smiler with the Knife論創海外ミステリ) -NS-
  • 1940年 『ワンダーランドの悪意』 Malice in Wonderland論創海外ミステリ) -NS-
  • 1941年 『雪だるまの殺人』 The Case of Abominable Snowman -NS-
  • 1947年 『殺しにいたるメモ』Minute For Murder (原書房) -NS-
  • 1949年 『旅人の首』Head Of A Traveller  -NS-
  • 1953年 『呪われた穴』 The Dreadful Hollow -NS-
  • 1954年 『闇のささやき』 The Whisper In The Gloom -NS-
  • 1956年 『くもの巣』 A Tangled Web
  • 1957年 『章の終り』 End of Chapter -NS-
  • 1958年 『血ぬられた報酬』 A Penknife
  • 1959年 『メリー・ウィドウの航海』The Widow's Cruise -NS-
  • 1961年 『死のとがめ』The Worm of Death -NS-
  • 1958年 『死のジョーカー』 The Deadly Joker
  • 1957年 『悪の断面』The Sad Variety -NS-
  • 1966年 『死の翌朝The Morning After Death論創海外ミステリ) -NS-
  • 1968年 『秘められた傷』 The Private Wound


脚注[編集]

  1. ^ Bussacco, Michael C."Heritage Press Sandglass Companion Book: 1960-1983"p.335
先代:
ジョン・メイスフィールド
桂冠詩人
1967年 - 1972年
次代:
ジョン・ベチェマン