スーパースター・ジェミナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリームウォード
ノルウェージャン・ドリーム
スーパースター・ジェミナイ
Norwegian Dream1.jpg
ノルウェージャン・ドリーム(2007年ガルベストン湾)
船歴
起工 1991年3月6日
進水 1992年2月24日
就航 1992年12月6日
退役 就航中
建造社 アトランティーク造船所
建造費 2億4000万ドル
船名
1993 - 1998 ドリームウォード(Dreamward)
1998 - 2012 ノルウェージャン・ドリーム(Norwegian Dream)
2012 - スーパースター・ジェミナイ(SuperStar Gemini)
オーナー
1992 - 1998 クロスター・クルーズ(Kloster Cruise)
1998 - 2004 ノルウェージャン・クルーズライン
2004 - スタークルーズ
運航会社
1992 - 2007 ノルウェージャン・クルーズライン
2007 - スタークルーズ
要目
船種 クルーズ客船
船級 ドリームウォード級
船籍 バハマの旗 バハマナッソー
IMO IMO番号 9008419
耐氷 アイスクラス1C
機関 マン6L40/54ディーゼル2基
マン8L40/54ディーゼル2基
18,638Kw
出典 [1][2][3][4][5][6][7]

ドリームウォード(Dreamward)、改造後ノルウェージャン・ドリーム(Norwegian Dream)はノルウェージャン・クルーズラインの運航したクルーズ客船。2012年にマレーシアスタークルーズに移籍し、スーパースター・ジェミナイ(SuperStar Gemini、スーパースター・ジェミニ)と改名した。

船歴[編集]

クロスター・クルーズによってノルウェージャン・クルーズラインのために発注された2隻のドリームウォード級の1隻である。アトランティーク造船所に発注されたドリームウォード級の計画値は、総トン数約4万、乗客1246人であった[1][7]。ただし、設計段階より船体延長が考慮されており、 必要に応じて新造船の発注を行うことなく輸送力を増大できる目論見であった[5]

1992年11月4日に引き渡しを受け、12月5日にドリームウォードと命名された。翌日、エバーグレーズ港英語版より最初の営業となるバミューダ諸島へのクルーズを開始した[1]。その後、ニューヨークバハマ間及びフロリダから西インド諸島への航路に就航した[7]。翌年には、姉妹船ウインドウォードが就航している[8]

当時、この両船の外装は90年代前半のノルウェージャン・クルーズラインの船に共通する白い煙突に赤と青の横線が船体に塗装されていたが[7][9]、1998年以前にノルウェージャン・クルーズラインの新しい塗装である濃紺の煙突と白い船体に改められた[10]

1998年にはブレーマーハーフェンロイド・ヴェルフトドイツ語版によって船体延長が実行に移された。船体を中央部で分割し、40mのブロックが挿入された[11]。これに加えて煙突とレーダーマストはキール運河の航行のために起倒式とされた[1][5][10]。改造が行われ総トン数50,764t、船客定員2,156人となったドリームウォードは、ノルウェージャン・ドリームと改名された[1][12][5]

改造前後の比較[1][5][12][13]
要目 ドリームウォード ノルウェージャン・ドリーム スーパースター・ジェミナイ
総トン数 39,172t 50,764t
載貨重量トン 5,589t 6,731t
全長 190.4m 229.84m
全幅 28.8m 32.1m
吃水 6.8m 7m
速力 最大21ノット 巡航18ノット、最大20ノット
船客定員 1246人 1750人(2段寝台は下段のみ)
2156人(全寝台)
1576人
客室 765 766
乗員 700人

改造後、ヨーロッパ周遊航路に就航[10]、1999年8月24日にはベルギーゼーブルッヘ港英語版からイギリスドーバーへの航行中、コンテナ船エバー・ディセント(Ever Decent)と衝突事故を起こし船首が損傷したが、ドーバーまで自力で航行した。この事故で乗客20人以上が軽傷を負った[14]。エバー・ディセントは火災が発生し、有毒ガスが発生したが、30日には消火されている[15][1]。この事故による死者は出なかったものの、アメリカ合衆国では他国船籍のクルーズ船に対する管理と安全性に対する批判が一部で起こった[16]。事故後、ロイド・ヴェルフトにて修理が行われた[1]

2004年、所有者が親会社であるスタークルーズに変更された。これは、売却かスタークルーズへの移籍を前提としたものであった[2]。2007年12月10日、ウルグアイモンテビデオを出港する際にバージと衝突した。ノルウェージャン・ドリームは水線上に軽微な損傷を被り、バージからはコンテナ5個と車数台が落下、モンテビデオ港がしばらく閉鎖される事態となった[17]

インターナショナル・シッピング・パートナーズも興味を示していたが[18]、2008年4月23日、1億6200万ドルで合意したノルウェージャン・マジェスティと共にキプロスルイス・クルーズ・ラインズへ2億1800万ドルで売却されることになった[3][19]。7月にノルウェージャン・マジェスティを受領していたルイス・クルーズ・ラインズは受領と共に支払いを完了すると予想されていたが[19]、受領中の9月28日にノルウェージャン・ドリームの技術的理由によるものとして契約をキャンセルした[20]。 短期間ギリシャピレウスに係留され、ついで2011年6月13日にはカラマタへ移動してルイス・クルーズ・ラインズとプルマントゥール・クルーズによる調査を受けた後、ピレウスに戻った。さらに同月、シンガポールへむけて出港。スタークルーズは改装のためドック入りするとした。

2012年9月6日、スタークルーズは5000万ドルを投じて大幅な改修を行うことを発表し、合わせてスーパースター・ジェミナイへの改名を行った[21][22][23]。12月28日、シンガポールより改装後初の航海に出発[24]マレーシアペナン島クラン港に到着した。2013年1月2日には、クラン港よりクルーズ航海の営業を開始し、同年は2月から3月は三亜市、その後10月までは上海市、その後再度三亜市を母港としてクルーズを行う予定である[25][26]

船内設備[編集]

スーパースター・ジェミナイに改装後は、10層のデッキに766室の客室、定員1532人となった。中華、西洋料理レストラン、ビュッフェ、バー、400m2にも及ぶ免税店をはじめとする設備を備えている[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Asklander, Micke. “M/S DREAMWARD (1992)”. Fakta om Fartyg. 2013年3月25日閲覧。
  2. ^ a b Newman, Doug (2008年4月15日). “Lloyd’s List: Three NCL Ships Nearly Sold”. At Sea with Doug Newman. 2008年4月16日閲覧。
  3. ^ a b Louis acquires Norwegian Dream and Majesty”. Cruise Business Review. Cruise Media Oy Ltd (2008年4月23日). 2008年4月23日閲覧。
  4. ^ Vessel info: Norwegian Dream: Summary”. DNV Exchange. Det Norske Veritas. 2008年4月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e Ward, Douglas (2006). Complete Guide to Cruising & Cruise Ships. Singapore: Berlitz. pp. 436–437. ISBN 981-246-739-4. 
  6. ^ Vessel info: SuperStar Gemini: Yard”. DNV Exchange. Det Norske Veritas. 2008年4月7日閲覧。
  7. ^ a b c d Miller, William H. Jr. (1995). The Pictorial Encycpedia of Ocean Liners, 1860-1994. Mineola: Dover Publications. p. 40. ISBN 0-486-28137-X. 
  8. ^ Asklander, Micke. “M/S Windward (1993)”. Fakta om Fartyg. 2013年3月25日閲覧。
  9. ^ Norwegian Cruise Line - Page 2: Second Generation Ships”. Simplon Postcards. 2008年4月8日閲覧。
  10. ^ a b c Norwegian Cruise Line - Page 3: The New Fleet Livery”. Simplon Postcards. 2008年4月8日閲覧。
  11. ^ Photos of Norwegian Dream lengthening by 40 meters”. Norwegian Dream lengthening in dry dock. Shipspotting.com (1998年). 2012年4月25日閲覧。
  12. ^ a b Vessel info: Norwegian Dream"" Dimensions”. DNV Exchange. Det Norske Veritas. 2008年4月7日閲覧。
  13. ^ Ship Fact”. 2013年3月25日閲覧。
  14. ^ Liner damaged in Channel collision”. BBC (1999年8月24日). 2013年3月25日閲覧。
  15. ^ Cargo ship fire put out”. BBC (1999年8月31日). 2013年3月25日閲覧。
  16. ^ Foreign-Flag Cruise Industry Beset By Casualties”. American Maritime Officer. 2007年5月26日閲覧。
  17. ^ Cruise ship, barge collide in Montevideo”. Reuters (2007年12月10日). 2007年12月10日閲覧。
  18. ^ Newman, Doug (2008年4月18日). “Seatrade: Pride of America Not Sold”. At Sea with Doug Newman. 2008年4月19日閲覧。
  19. ^ a b Hand, Marcus (2008年9月30日). “Star Cruises $218m Norwegian Dream sale fails”. Lloyd's List. 2008年9月30日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ No Dream for Louis Cruises”. Cruise Business Review. Cruise Media Oy Ltd (2008年9月30日). 2008年9月30日閲覧。
  21. ^ http://www.cruiseindustrynews.com/cruise-news/7180-norwegian-dream-set-to-sail-for-star.html
  22. ^ http://ttgasia.com/article.php?article_id=4361
  23. ^ スタークルーズ (2012年9月14日). “スタークルーズ 「スーパースター・ジェミナイ」の就航を発表”. 2013年3月25日閲覧。
  24. ^ スタークルーズ (2012年12月31日). “Star Cruises launches new SuperStar Gemini from SCC’s HarbourFront Terminal”. 2013年3月25日閲覧。
  25. ^ スタークルーズ (2013年1月4日). “SuperStar Gemini sets sail from Swettenham Pier Cruise Terminal for the first time”. 2013年3月25日閲覧。
  26. ^ 海事プレス (2012年9月20日). “スタークルーズ、2013年に「スーパースター・ジェミナイ」就航”. 2013年3月25日閲覧。
  27. ^ http://www.traveldailynews.asia/news/article/50357/star-cruises-to-introduce-superstar

関連項目[編集]

外部リンク[編集]