スレイマン・シャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スレイマン・シャーオスマン語سليمان شاه Süleyman Şah, ? - 1227年)は、オスマン帝国の開祖オスマン1世の祖父。父はクタルムシュ、息子はエルトゥールル

ユーフラテス川で溺死し、遺体はその近くに埋められ、現在その場所はジャベル・カレスィという城の中にあり、テュルク・メザル(Türk Mezarı, 「トルコの墓」)と呼ばれ、トルコ人の間で神聖視されている。この場所はフランストルコの間で1921年に交わされたアンカラ条約によって、フランス委任統治シリアの中のトルコの飛び地となり、現在もトルコで唯一の飛び地である。1973年タブカ・ダムの建設によって貯水池に沈められた。スレイマン・シャーの墓石は政府間の交渉によりアレッポ県 Karakozak村の近くの8,797m²の指定地に移された。今日ではトルコの国家憲兵ジャンダルマ)がこの飛び地を警護している。

外部リンク[編集]

  • Yurtdışındaki tek vatan toprağı

08 Nisan 2011 - 14:45 Milliyet.com.tr

http://gundem.milliyet.com.tr/yurtdisindaki-tek-vatan-topragi/gundem/gundemdetay/08.04.2011/1375143/default.htm

  • これがトルコの唯一の国外領土―シリアに眠るオスマン王家、始祖

2011年04月08日付 Milliyet紙

http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20110409_085259.html

先代:
クタルムシュ
オスマン家
? - 1227年
次代:
エルトゥールル