ジーア/悲劇のスーパーモデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジーア/悲劇のスーパーモデル
Gia
監督 マイケル・クリストファー
脚本 ジェイ・マキナニー
マイケル・クリストファー
製作 ジェームズ・D・ブルベイカー
製作総指揮 デヴィッド・R・ギンズバーグ
アイリーン・カーン
マーヴィン・ワース
出演者 アンジェリーナ・ジョリー
エリザベス・ミッチェル
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 ロドリゴ・ガルシア
編集 エリック・A・シアーズ
配給 HBO
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年1月31日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ジーア/悲劇のスーパーモデル』(原題: Gia)は、1998年1月31日アメリカのケーブルテレビネットワークHBOで放送されたテレビ映画。劇場未公開の作品ではあるものの、アンジェリーナ・ジョリーの名前を一躍世間に知らしめたとして、ファンからは根強い人気を誇る。麻薬に溺れた実在のスーパーモデルジア・キャランジの人生を描いている。

脚本はジェイ・マキナニーマイケル・クリストファーが担当し、監督もマイケル・クリストファーが担当した。

日本でも劇場未公開で、JSBでテレビ放映された。完全ノーカット版であるDVDの邦題は『ジア/裸のスーパーモデル』。


ストーリー[編集]

ジア・マリー・キャランジ(アンジェリーナ・ジョリー)はペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれ育ち、ファッションモデルになるためにニューヨークへと出た。いくつかのオーディションを受けた後最も有力なモデルエージェント、「ウィルヘルミナ・クーパー」にそのワイルドな魅力を見出された。ジアの強烈な魅力は瞬く間に彼女をスターに押し上げ、特にその魅力はヌードの時に遺憾なく発揮されるものだった。ジアだけしか持たない特有の魅力はカメラマン・アシスタントのリンダ(エリザベス・ミッチェル)にも強く影響し、ジア初めてのヌード撮影の後、ジアとリンダはベッドを共にした。しかしリンダはジアほどバイセクシュアルの要素は濃くなく、程なく2人は共に行動しなくなる。

ジアはモデル稼業を続けるためのエネルギーに飢え、リンダと共に過ごせない寂しさを麻薬で紛らわすようになった。リンダとジアの母親キャサリーンは、ジアの度重なる求めに満足に応じず、寂しさに寂しさを重ねたジアは遂にコカインからヘロインに手を出すようになった。そして、ヘロインを体内に取り込む際に使用した使い回しの注射針によってHIVに感染してしまう。1986年、ジア・マリー・キャランジはHIVに感染したことで発症した複数の病気により、病院で死亡した。

キャスト[編集]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]