ジョージ・アレック・エフィンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・アレック・エフィンジャーGeorge Alec Effinger, 1947年1月10日 - 2002年4月27日)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド生まれの小説家SF作家。日本への紹介がなされ始めた1970年代には「エフィンガー」と表記。

デビュー作から評価が高くネビュラ賞ヒューゴー賞ジョン・W・キャンベル新人賞にノミネートされるが、長編では受賞にはいたらなかった。

21世紀の中東を舞台にしたマリード・オードラーンが主人公の三部作は、サイバネティクスによる電脳移植と擬似人格モジュールの挿入で個人の個性を変更できる世界で、暴力、麻薬、犯罪を扱ったハードボイルドサイバーパンクで、彼の最も成功した作品として知られる。4作目となるはずだったNights of Doubt and Sorrowは2つの章が書かれ、Budayeen Nights(短編集)に収録された。

O・ニーマンド(O. Niemand)の筆名でのパスティーシュ小説や複数の筆名でSF以外の作品も創出している。

少年期からの持病は、長年の治療で巨大な医療費が必要となり、健康保険に加入していなかったため支払いが滞り、病院側は訴訟を起こし全ての版権の所有権を引き渡す要求をした。エフィンジャー医療基金などの助けにより、訴訟は取り下げられ、知的所有権を失うことは無かった。

略歴[編集]

  • 1970年、クラリオンSF創作講座(Clarion anthology)に参加し小説を書き始める。
  • 1971年、ファンタジックマガジン(Fantastic)に"The Eight-Thirty to Nine Slot"が掲載され作家デビュー。
  • 1972年、最初の長編小説"What Entropy Means to Me"発表。ネビュラ賞にノミネートされる。
  • 1974年、12歳に罹った腹部腫瘍が再発し手術、入院。その後、数ヶ月おきに入退院を繰り返す。
  • 1986年、自宅の火事で蔵書を含め全て焼失、第2度の火傷を負う。
  • 1988年、『重力が衰えるとき』がヒューゴー賞にノミネートされるが、デイヴィッド・ブリンの『知性化戦争』に敗れ第2席となる。
  • 1988年、『シュレーディンガーの子猫』(Schrödinger's Kitten)(中篇小説)がネビュラ賞を受賞。翌1989年、ヒューゴー賞、シオドア・スタージョン記念賞を受賞。
  • 1990年、『太陽の炎』がヒューゴー賞にノミネートされるが、ダン・シモンズの『ハイペリオン』に敗れ第2席となる。同年、『重力が衰えるとき』の設定でPC-DOS版ゲームの"Circuit's Edge"が発売される。
  • 1991年、『シュレーディンガーの子猫』(Schrödinger's Kitten)(中篇小説)が星雲賞を受賞。
  • 1992年、ナイアガラ・フォールズSF協会によりエフィンジャー医療基金が設立される。
  • 2002年、4月ルイジアナ州ニューオリンズで逝去。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • What Entropy Means to Me (1972年)
  • Relatives (1973年)
  • Felicia (1976年)
  • Those Gentle Voices (1976年)
  • Death in Florence (1978年) (別題 Utopia 3
  • Heroics (1979年)
  • The Wolves of Memory (1981年)
  • The Nick of Time (1985年)
  • The Bird of Time (1986年)
  • 『重力が衰えるとき』 (When Gravity Fails) (1987年):浅倉久志 訳/ハヤカワ文庫SF
  • Shadow Money (1988年):ミステリ
  • 『太陽の炎』 (A Fire in the Sun) (1989年):浅倉久志 訳/ハヤカワ文庫SF
  • The Zork Chronicles (1990年) :パソコンゲーム<Zork>のノベライズ
  • 『電脳砂漠』 (The Exile Kiss) (1991年):浅倉久志 訳/ハヤカワ文庫SF
  • Look Away (1990年) (novella)
  • Nights of Doubt and Sorrow

共著[編集]

ノベライゼーション[編集]

  • 『新・猿の惑星/逃亡者人間』Planet of the Apes - Man the Fugitive (1974年)
  • 『新・猿の惑星/明日への脱出』Planet of the Apes - Escape to Tomorrow (1975年)
  • 『新・猿の惑星/決死の逃亡』Planet of the Apes - Journey into Terror (1975年)
  • Planet of the Apes - Lord of the Apes (1976年)

短編集[編集]

  • Mixed Feelings (1974年)
  • Irrational Numbers (1976年)
  • Dirty Tricks (1978年)
  • Idle Pleasures (1983年)
  • Author's Choice Monthly Issue 1: The Old Funny Stuff (1989年)
  • Budayeen Nights (2003年)
  • George Alec Effinger Live! From Planet Earth (2005年)

外部リンク[編集]