ジャン・エプスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・エプスタン
Jean Epstein
生年月日 1897年3月25日
没年月日 1953年4月3日(満56歳没)
出生地 ワルシャワ
死没地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス

ジャン・エプスタンJean Epstein1897年3月25日 ワルシャワ - 1953年4月3日 パリ) は、フランス映画監督、黎明期の映画理論家ジャン・エプスタインとも。

人物・来歴[編集]

1897年3月25日ポーランドワルシャワで生まれる。父がフランス人、母がポーランド人。科学をスイスとフランス・リヨンで学ぶ。

1920年、著書『La Poésie d'aujourd'hui, un nouvel état de l'intelligence(今日のポエジー、知性の新しい様相)』を刊行。

1921年ルイ・ドゥリュックと出逢い、著書『Bonjour cinéma(映画よこんにちは)』を執筆。

1922年、映画会社パテ社(Pathé)と契約し、ナルボンヌとワインについてのドキュメンタリー映画Les Vendanges(ヴィンテージ)』、偉人伝映画『Pasteur(パストゥール)』で映画作家としてのキャリアをスタートし、つづいて1923年バルザック原作『L'Auberge rouge(赤い宿屋)』、オリジナルの『Coeur fidèle(誠実な心)』を撮る。

映画監督ルイス・ブニュエルは、ジョルジュ・サンド原作『Mauprat(モープラ)』(1926年)とエドガー・アラン・ポー原作『アッシャー家の末裔 La Chute de la maison Usher』(1928年)で一介の助監督としてエプスタンについた。

1930年アベル・ガンス監督『世界の終り La Fin du monde』の助監督を務める。

1936年マドレーヌ・ルノー主演『Coeur de gueux(乞食の心)』を撮る。

エプスタンの批評は初期のモダニスト雑誌『レスプリ・ヌーヴォー 』に掲載された[1]

1953年4月3日パリで死去。56歳。遺作は1948年の短編映画『Les Feux de la mer(海の火)』。

2005年8月、中篇映画『La Glace à trois faces(三面鏡)』(1927年)と短編映画『Le TempestaireThe Tempest、テンペスト)』(1947年)がDVDコレクション「Avant-Garde: Experimental Cinema of the 1920s and 1930s」として、米国で再生産・再発売された[1]。エプスタンの名は、現在シネマテーク・フランセーズの上映ホール名に、アンリ・ラングロワロッテ・アイスナーとともに遺されている。

主な監督作[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ a b 英語版Wikipedia Jean Epsteinの項の記述より。

外部リンク[編集]