ジェームス・ハチソン・スターリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームス・ハチソン・スターリングJames Hutchison Stirling, 1820年1月22日 - 1909年3月19日)は、スコットランド哲学者である。イギリスにおけるヘーゲル主義者(観念論)として知られ、イギリス哲学の伝統と言える経験論に対抗した。主著『ヘーゲルの秘密』はイギリスにおける観念論研究への道を大きく広げた。イギリス観念論を語る上で欠くことのできない人物である。

ジェームス・ハチソン・スターリングはグラスゴーで生まれ、医学哲学グラスゴー大学で学ぶ。その後哲学に専念することを決め、フランスドイツに留学した。1888年から1890年ではギフォード講義で教鞭をとる。(タイトルは「哲学と神学」)エディンバラ大学より古典文学博士号を取得した。ベルリン哲学教会の外国人メンバーになる。カントからヘーゲルに至るドイツ観念論の哲学に業績が多く、ジョン・マクタガートトーマス・ヒル・グリーンと並び、イギリスにおける観念論哲学の代表的な人物となった。

著作[編集]

  • ヘーゲルの秘密(1865年)
  • 哲学の歴史(アルベルト・シュベーグラーの著書の英訳、1874年)
  • 法哲学の講義(1873年)
  • 哲学と神学(1890年) ギフォード講義の講義録
  • カント(哲学)への教科書(1881年)
  • 思考とは何か?(1890年)

など