ジェシカ・リンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェシカ・リンチ
1983年4月26日 -
JessicaLynch01.jpeg
軍歴 2001 - 2003
最終階級 上等兵
テンプレートを表示

ジェシカ・ドーン・リンチ: Jessica Dawn Lynch, 1983年4月26日 - )は、アメリカ合衆国の元陸軍上等兵で、イラク戦争中の2003年3月に捕虜となったが、無事に救出されて帰国し、「戦場のヒロイン」と喧伝されてメディアの注目を浴びた人物である。


概要[編集]

救出直後の映像とされるもの

ジェシカ・リンチは2001年7月20日、アメリカ陸軍に入隊した[1]。厳しい新兵訓練過程を乗り越えたのち[2]アメリカ陸軍需品科の第507整備補給中隊に配属された。

2003年3月23日、輸送部隊と共に前線へ向かう途中、中隊ごと南部ナシリヤ市に迷い込む。そこでイラク民兵の待伏せにあい、装備重火器はブローニングM2重機関銃一丁のみという中隊は[3]迫撃砲RPG-7を投入したイラク民兵に圧倒された[4]。激しい市街戦の末に11名のアメリカ軍兵士が命を落とす中[5]、リンチが乗っていたハンヴィーは撃破された。後部座席に乗っていたリンチは重傷を負って気絶[6]。他5名の中隊メンバーと共に捕虜となった。付近にいたアメリカ海兵隊が救援に向かったが、民家で発見したのは彼女の血まみれの軍服だけだったという[7]

4月1日深夜、アメリカ海兵隊・アメリカ陸軍レンジャー部隊による共同捕虜救出作戦により、イラク民兵司令部と化していた病院より救出される[8]。同時に、特殊部隊は第507整備補給中隊9名の遺体を回収した[9]

彼女の救出時の映像はアメリカを始め、全世界のニュース番組で放映された。その後「ニューズウィーク」「ピープル」などの表紙を飾り、NBCによって「セイビング・ジェシカ・リンチ」というテレビ映画まで作成され、リンチはアメリカ軍の戦意高揚に貢献し、戦争支持者に勢いを与えることになった。4月3日付けワシントン・ポスト紙は、「彼女は弾薬を使い果たすまで勇敢に応戦した」と報道する[10]。一方で、事件の詳細はわからず、リンチの「活躍」は噂にすぎない可能性があることも示している[11]

ジェシカ・リンチは8月27日付で除隊した。

10年後、米メディアはその後のジェシカ・リンチを取材し[12]、除隊後にいくつかの大学から奨学生としての招待を受け、結果、ウェストバージニア大学に入学、のち幼稚園教諭の資格を取得、卒業した。現在は子供をもうけている。

疑問[編集]

パープルハート章を授与されるリンチ

しかし救出部隊が突入した病院にイラクの民兵組織「フェダーイーン・サッダーム」はおらず、イラク人の病院職員の証言やジェシカの不自然な記憶喪失などから、人質救出作戦を疑問視する声があがった。また、救助された病院にイラク軍が居なかったことから、イラク兵からの取調べの際に殴打などの暴力を受けたとの証言も疑問が投げかけられた。

2003年5月18日に放送されたBBCのドキュメンタリー番組"War Spin"ではこの出来事は演出された戦時プロパガンダであると報じたが、国防総省はこれを否定している[13]

後の取材で明らかになったところでは、イラク側は負傷したジェシカをナシリヤの病院に搬送していた。ただし、ジェシカの身体には強姦拷問の痕跡もあった[14]。脊髄や手足の複雑骨折を負っていたが、これが拷問によるものか、戦闘負傷によるものかは不明。イラク人医師の中は、踏みつけられるか、銃床で殴打された時の傷と似ていると指摘する者もいた[15]。こうして病院に運びこまれたジェシカは、救急救命措置を受けなければ、確実に死亡していた状態だった[16]。その後、民間のサダム・フセイン病院に移送される[17]。看護婦のフラット・フセインがつきそい[18]、医師達も最大限の努力をした。イラク側は、ジェシカを米軍向けプロパガンダとして役立てるか[19]人間の盾にするつもりだった可能性がある[20]

救出された時のリンチは、脊髄の手術をしなければ歩行困難となる状態だった[21]。そして彼女が手術を受けている間、美談を求める政府とマスコミの相乗効果により、神話は創られていった[22]。彼女の兄は米陸軍に所属するが、一連の報道と人々の熱狂を「起こるべくして起こったことだ」と述べた[23]

脚注[編集]

除隊後のリンチ
[ヘルプ]
  1. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』48頁
  2. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』51-62頁
  3. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』100頁
  4. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』97頁
  5. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』235頁
  6. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』106-109頁
  7. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』129頁
  8. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』170-174頁
  9. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』176頁
  10. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』205頁
  11. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』206頁
  12. ^ NBC News Iraq War 10 Years Later: Where Are They Now? Jessica Lynch
  13. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』231頁
  14. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』128頁
  15. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』214頁
  16. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』131頁
  17. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』135頁
  18. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』136頁
  19. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』136-137頁
  20. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』157頁
  21. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』195頁
  22. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』199頁
  23. ^ ブラッグ『私は英雄じゃない』202頁


参考文献[編集]

  • リック・ブラッグ『私は英雄じゃない ジェシカのイラク戦争』中谷和男訳、阪急コミュニケーションズ、2004

外部リンク[編集]