シンテトケラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンテトケラス
地質時代
中新世後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ラクダ亜目(核脚亜目)Tylopoda
: プロトケラス科 Protoceratidae
亜科 : シンテトケラス亜科 Synthetoceratinae
: シンテトケラス属 Synthetoceras
学名
Synthetoceras
Stirton, 1932
  • S. tricornatus

シンテトケラスSynthetoceras)は新生代中新世後期の北アメリカ大陸に生息していた草食獣。哺乳綱 - 鯨偶蹄目 - ラクダ亜目(核脚亜目)- プロトケラス科に属する。

形態[編集]

頭胴長約2m、頭骨長約45cm。頭部にを持つ、外観の印象としてはシカに似るが、実際はラクダ科の姉妹群であるプロトケラス科である。かれらは同科の後期に現れ、また最大のであった。上部にY字型、側頭部には上方に湾曲した一対の角を備えていたが、シカの様な骨質が剥き出しになった形のアントラーという)ではなく、キリンに似てその表面は皮膚で覆われていた(オッシコーン)と推定されている。このうち吻上部の角は、オスにのみ存在した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 富田幸光文、伊藤丙雄・岡本泰子イラスト 『絶滅哺乳類図鑑』 丸善、2002年。ISBN 4-621-04943-7