シルバーシャーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルバーシャーク
Balantiocheilos melanopterus.JPG
シルバーシャーク
保全状況評価
ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))
Status iucn2.3 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
: バランティオケイルス属 Balantiocheilus
: シルバーシャーク
B. melanopterus
学名
Balantiocheilos melanopterus
(Bleeker, 1851)
和名
シルバーシャーク
英名
Bala shark

シルバーシャーク (学名:Balantiocheilos melanopterus)は、コイ目コイ科に分類される熱帯魚

特徴[編集]

体長は約30cmに達するが、飼育下では15cmくらいで成長が止まってしまうことが多い。 銀色の体と、サメを連想させる体型からこの名がある。学名の冒頭部位を用いて「バラシャーク」と呼ばれることもある。 また、鰭の先は黒く縁取られている。

分布[編集]

タイ王国マレー半島インドネシア

飼育[編集]

温和であり、同じ大きさの魚となら混泳も問題ない。 但し、遊泳力のある魚なので、できるだけ大きな水槽でゆったりと飼育するのが理想的。餌は普通でよい。

保全状態評価[編集]

ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))

Status iucn2.3 EN.svg

[1]

脚注[編集]

  1. ^ Balantiocheilos melanopterus in: IUCN Red List of Threatened Species (2008)

関連項目[編集]