ピーター・ブリーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pieter Bleeker

ピーター・ブリーカー(Pieter Bleeker、1819年7月10日1878年1月24日)はオランダの医師、魚類学者である。東アジアの魚類の研究で知られる。

生涯[編集]

ザーンダムで生まれた。1842年から1860年の間、オランダ東インド陸軍の軍医将校として、インドネシアに駐在した。この間、軍務のかたわら魚類研究を行った。地元の漁民から、標本を入手したり、各島嶼から標本を送られてくるようなネットワークを作り上げた。12,000を超える標本集め、これらの標本はライデン自然史博物館に保存されている。

1860年にオランダに戻ると、『東インドオランダ領の魚類図鑑』("Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises")の出版を始めた。1862年から没する1878年まで36巻の刊行を行い、1500の図版が添えられた。、1977年からスミソニアン博物館から再刊された。

著書[編集]

  • 1859 : Enumeratio specierum piscium hucusque in Archipelago indico observatarum, adjectis habitationibus citationibusque, ubi descriptiones earum recentiores reperiuntur, nec non speciebus Musei Bleekeriani Bengalensibus, Japonicis, Capensibus Tasmanicisque. Acta Soc. Sci. Indo-Neerl., v. 6 : i–xxxvi + 1–276.
  • 1862-1878 : Atlas Ichthyologique des Indes Orientales Néerlandaises – Smithsonian Institution Press (Washington, D.C.)で再刊
  • 1874 : Typi nonnuli generici piscium neglecti. Versl. Akad. Amsterdam (Ser . 2 ) v. 8 : 367–371.

参考文献[編集]

  • Theodore W. Pietsch & William D. Anderson (dir.) (1997). Collection building in ichthyology and herpetology. American Society of Ichthyologists and Herpetologists : xiii + 593 p. ISBN 93585817