サーブ 32 ランセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サーブ 32 ランセン

LansenLiten.jpg

サーブ 32 ランセン(SAAB 32 Lansen、スウェーデン語で)はスウェーデンサーブ社によって開発された複座の軍用機。1955年から1960年にかけて約450機が生産された。

概要[編集]

ランセンは設計の一部にコンピュータが使用された最初の航空機の一つで、本機ではの強度計算にスウェーデン初の真空管コンピュータであるBESKが用いられた。また、浅降下時に音速を達成した初のスウェーデン製航空機でもある。

A 32Aは20mm機関銃4門を備えているのに対し、J 32Bは30mm機関砲4門を装備している。A 32Aの主武装は空対艦ミサイルRb 04Cで、これは西側で実用化された対艦ミサイルとしては最初期のものである。

ランセンシリーズとしては、対地・対艦攻撃機A 32A、全天候型戦闘機J 32B偵察機S 32Cなどがある。このうち一部の機は後に標的曳航機J 32D電子戦機J 32Eに改修されて使用された。ランセンに練習機は存在しないが、一部の機には後席に簡易操縦装置がついているものも存在する。

派生型[編集]

A 32A
対地・対艦攻撃機
J 32B
全天候型戦闘機
S 32C
偵察機
J 32D
標的曳航機
J 32E
電子戦機

要目[編集]

サーブ 32 ランセン[編集]

  • 乗員:2名
寸法
  • 全長:14.94 m(49.0 ft)
  • 全幅:13.0 m (42.8 ft)
  • 全高:4.65 m(15.3 ft)
  • 翼面積:37.4 m2(402.6 ft2
重量
  • 空虚重量:7,500 kg(16,535 lb)
  • 最大離陸重量:13,500 kg (29,760 lb)
動力
性能
  • 最大速度:11,000m で 990km/h (36,000ft で 615mph)
  • 航続距離
    • J:2,000 km (1240 mi)
    • A/S:1850 km
  • 実用上昇限度:15,000 m (49,200 ft)
  • 上昇率:100 m/s (19,685 ft/min)
武装

出典:Green, W; Swanborough, G (2001). The great book of fighters. MBI Publishing. ISBN 0-7603-1194-3. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]