BESK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BESK (スウェーデン語: Binär Elektronisk SekvensKalkylator])とはスウェーデンにおける初の2進数による電子計算機である。真空管継電器を組み合わせている。Matematikmaskinnämndenで開発され、短期間ではあるが、世界最速の計算速度を発揮した。コンピュータは1953年に完成した。BESKの技術はFACIT EDBに引き継がれた。BESKの複製機はSMILと呼ばれ、ルンド大学の為に製造された。デンマークで製造されたBESKの複製機はDASKと呼ばれた。

開発チームはStig Cométによって率いられた。ハードウェアErik Stemmeが開発した。Gösta NeoviusOlle Karlqvistは応答性の優れたアーキテクチャと命令セットを開発した。開発チームがアメリカに旅行中に書き留めたIASマシンを元にしている。

BESKの原型機は英国のウィリアムス管40本をメモリーとして用いた。

BESKはスウェーデンの核兵器開発計画にも使用されたが、殆どはSMILによって計算された。1957年ハンス・リーゼルはBESKを使用して当時最大の969桁のメルセンヌ数を発見した。 BESKは機械式継電器のコンピュータBARK (Binär Aritmetisk Relä-Kalkylator, スウェーデンの"2進数継電器計算機"を意味する)の数年後にMatematikmaskinnämndenよって開発された。

サーブはBESKコンピュータを借りてサーブ ランセンの強度を計算した。1955年、コンピュータの有用性を認識したサーブは独自のコンピュータであるSAABs räkneautomat SARA, "SAAB'の計算機"を導入した。SARAはBESKの2倍高速だった。BESKの職務に従事していた何人かの人達はFacitに雇われFacit EDBを運用した。

豆知識: "Besk"はスウェーデンで"苦い"を意味する。同様にルンドの位置するスコーネ地方ではアルコール漬けのハーブであるArtemisia absinthium L.から作られる苦味に由来する。BARKマシンであるCONIAC (Conny [Palm] Integrator And Calculatorはコニャックに由来する)

外部リンク[編集]