サン=セバスティアン=シュル=ロワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Sébastien-sur-Loire
Blason ville fr Saint-Sébastien-sur-Loire (Loire-Atlantique).svg

Saint-Sébastien-sur-Loire monument.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏Blason région fr Pays-de-la-Loire.svg
(département) ロワール=アトランティック県Blason département fr Loire-Atlantique.svg
(arrondissement) ナント郡
小郡 (canton) ナント10小郡
INSEEコード 44190
郵便番号 44230
市長任期 ジョエル・ゲリオー
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) ナント・メトロポール都市共同体
人口動態
人口 24,726人
2009年
人口密度 2121人/km²
住民の呼称 Sébastiennais
地理
座標 北緯47度12分29秒 西経1度30分05秒 / 北緯47.2080555556度 西経1.50138888889度 / 47.2080555556; -1.50138888889座標: 北緯47度12分29秒 西経1度30分05秒 / 北緯47.2080555556度 西経1.50138888889度 / 47.2080555556; -1.50138888889
標高 平均:m
最低:2m
最高:33 m
面積 11.66km² (1 166ha)
Saint-Sébastien-sur-Loireの位置
Saint-Sébastien-sur-Loire
公式サイト http://www.saintsebastien.fr/
テンプレートを表示

サン=セバスティアン=シュル=ロワールSaint-Sébastien-sur-Loire[1])は、フランスペイ・ド・ラ・ロワール地域圏ロワール=アトランティック県コミューン。人口においては県第5の都市である。

地理[編集]

ロワール川南岸に位置し、ナントの旧市街に近く、4kmほどしか離れていない。

由来[編集]

1789年までは、教区の名はサン=セバスティアン=デーニュ(Saint Sébastien d'Aigne)であった。その後コミューンの名は1920年までサン=セバスティアンとなった。1920年、郵便局がサン=セバスティアン=レ=ナント(Saint-Sébastien-lès-Nantes)の名を拒否したため、サン=セバスティアン=シュル=ロワールの名が採用された。しかしサン=セバスティアン=レ=ナントの名は、第一次世界大戦前に発売された絵葉書の中に頻繁に登場する。

歴史[編集]

エーニュの教区は聖セバスティアンに捧げられており、15世紀にはサン=セバスティアン=デーニュの名で巡礼地となっていたことが知られている。この巡礼の評判は、ラブレーの「ガルガンチュア」において評判を巻き起こすのに十分なほどであった。聖セバスティアンの加護を求める巡礼者たちから疫病の恐怖がもたらされたのである。17世紀と18世紀、ナント市は公式の巡礼団を組織して聖セバスティアン教会に送っていた。この巡礼はフランス革命によって廃止された。

革命時代、サン=セバスティアン住民の多くが新政権に冷淡で、1793年のヴァンデの反乱においては共和国軍と敵対することとなった。

1920年代まで、サン=セバスティアンは農業中心の田園地帯だった。19世紀の間、伝統的に栽培されてきたコムギ、ワイン用ブドウは徐々に廃れ、替わって野菜が栽培されるようになった。1860年代からはマメとニンジンが盛んに栽培された。やがて園芸農業が主体となった。

1866年以降、ナント-ラ・ロッシュ=シュル=ヨン間を走る鉄道路線がコミューン内を横断するようになったが、度重なる陳情にも関わらず駅が設置されることはなかった。最寄の駅は現在もヴェルトゥ駅である。

1970年代からサン=セバスティアンは住宅地となり、農業事業者はさらに南のコミューンへ移っていった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2009年
11830 14159 17326 17825 22202 25223 24508 24726

参照元:Insee[2][3][4]

史跡[編集]

グランド・ジョーネのマナーハウス

15世紀以来、特に17世紀以降、貴族やブルジョワ階級の邸宅がサン=セバスティアンで大量に建設された。いくつかは既になくなっているが、全般的には保存されている。

交通[編集]

  • 鉄道 - 2003年よりTERペイ・ド・ラ・ロワールの路線が開通し、コミューン内に2箇所の駅が設置された。2011年6月から、この路線のうちナント-クリッソン区間はトラムが運行されることとなった。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Le nom de la Commune française a été traduit Sant-Sebastian-an-Enk en breton, ce qui correspond à l'ancien nom de la paroisse : « Saint-Sébastien-d'Aigne ») ; notons cependant que le breton n'y a jamais été parlé, mais qu'on y a parlé le gallo, puis le français.
  2. ^ Évolution et structure de la population sur Résultats du recensement de la population - 2008. Consulté le 5 janvier 2012
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur le site de l'Insee. Consulté le 5 janvier 2012
  4. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2009 sur le site de l'Insee. Consulté le 5 janvier 2012