サガナキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サガナキ

サガナキギリシア語 σαγανάκι, 小さなフライパン)とは、チーズを油で焼いたギリシャアペタイザーである。

チーズは、通常ケファログラヴィエラ (Kefalograviera、カセリ (Kasseri、ケファロティリ (Kefalotyri、またはヒツジの乳のフェタが使われる。この他、アラホバ (Arachovaではフォルマエラ (Formaella), キプロスではハルーミも使われる。

Saganaki, lit on fire at the Parthenon Restaurant in Chicago

調理・食べ方[編集]

小さなフライパンを熱し、チーズを泡立つまで溶かして、レモン果汁とコショウで味付けして供する。パンと共に食べる。

アメリカ合衆国カナダ、およびオーストラリアのレストランでは、焼いた後にテーブルで「オーパ!」 (Opa!) のかけ声と共にフランベする場合もある。その後、レモン果汁を搾ってフランベの炎を消す。このスタイルはシカゴグリークタウン(ギリシャ人街)のレストラン、ザ・パーセノン (The Parthenon) で1960年代に始められたと伝えられている。[1][2][3]

この料理の他にも、一人前のフライパンで調理される料理を「サガナキ」と呼ぶことがあり、「小エビのサガナキ」 (γαρίδες σαγανάκι), 「ムール貝のサガナキ」(μύδια σαγανάκι) 等があり、通常フェタをベースとし、辛いトマトソースで調理する。

語源[編集]

サガナキ (saganaki) は、取っ手の二つついたフライパンを意味するサガニ (sagani) の縮小辞であり、サガニはトルコ語のサハン (sahan) に由来する。[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Exploring Chicago”. University of Illinois at Chicago. 2007年9月23日閲覧。
  2. ^ Zeldes, Leah A (2002年9月30日). “How to Eat Like a Chicagoan”. Chicago's Restaurant Guide (Chicago's Restaurant Guide). http://web.archive.org/web/20021001023605/www.chicagorestaurant.com/show_article.php?aID=13 2002年9月30日閲覧。 
  3. ^ The Parthenon: History
  4. ^ Babiniotis, Λεξικό της Νέας Ελληνικής Γλώσσας

関連項目[編集]