ゴードン・チャン=フー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴードン・パイア・チャン=フー
Gordon Paiʻea Chung-Hoon
Adm chunghoon portrait.jpg
生誕 1910年7月25日
ハワイ領土 ホノルル
死没 1979年7月24日(満68歳没)
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1934 - 1959
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

ゴードン・パイア・チャン=フー英語:Gordon Paiʻea Chung-Hoon、漢字:戈頓・派伊亞・鍾雲、1910年7月25日 - 1979年7月24日)は、アメリカ合衆国軍人で最終階級は海軍少将第二次世界大戦に参加し、のちに初のアジア系アメリカ人の海軍将官となる。

経歴[編集]

初期[編集]

中国人と英国人とハワイ人の混血である父ウィリアム・チャン=フー・ジュニア(William Chung-Hoon Jr.)とハワイ人である母アグネス・プナナ(Agnes Punana)との間に生まれる。祖父ウィリアム・チャン=フー(William Chung-Hoon)は純華裔である[1][2]

1929年にプナホウ・スクールを卒業する。

軍歴[編集]

海軍兵学校に入学し、1934年5月にアジア系アメリカ人初の卒業生となる[3]。在学中、チャン=フーは海軍兵学校のアメリカンフットボール選手団の一員としてハーフバックとパンターを務め、そして1934年にそれまで11年連勝を続けていた陸軍士官学校チームに対し勝利を収めた[4]。チャン=フーは1944年5月から1945年10月にかけての「DD-502 シグスビー」艦長として勇敢で英雄的な功績をたたえ、海軍十字章名誉負傷章を授与される。

1945年春、九州沖にて空母機動部隊の護衛中に「シグスビー」は日本軍機20機の駆逐を支援する。1945年4月14日、「シグスビー」は沖縄沖にてレーダーピケット任務中に神風特攻の突入を受ける。これにより艦の右舷機関の出力は5ノットまで低下し操舵も困難となる。この被害にもかかわらずチャン=フー艦長は「長期かつ有効な対空砲火」の維持を目的に、当該海域に留まることを命じた。継続する日本軍の空襲に対して「シグスビー」はダメージコントロールを実施つつ自力航行での帰港を目指し努力した[5]

1959年10月、海軍少将の階級で退役する。

退役後[編集]

退役後のチャン=フーはハワイ州農務省長官を務め、そして1979年7月に死去する[5]

その後、功績をたたえアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の43番艦「チャン=フー」として命名されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]