ゴマサバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴマサバ
Scaus u0.gif
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: サバ科 Scombridae
亜科 : サバ亜科 Scombrinae
: サバ属 Scomber
: ゴマサバ S. australasicus
学名
Scomber australasicus
Cuvier, 1832
和名
ゴマサバ
英名
Blue mackerel

ゴマサバ(胡麻鯖、学名Scomber australasicus)は、スズキ目サバ科に分類されるの1種。太平洋熱帯亜熱帯海域に分布する海水魚で、沖合の水深50m手度までの表層で大群を作り遊泳する。

日本では食用魚として重要で、近縁のマサバグルクマ等と共に「サバ」と総称される。地方名としてマルサバ(各地)、ホシグロ(新潟)、ゴマ(千葉)、コモンサバ(島根)、ドンサバ(福岡)などがある。

特徴[編集]

成長が早く、満1歳で尾叉長20 - 28cm、満2歳で30 - 36cm程度に成長し、成魚は50cm程度。よく漁獲されるのは30 - 40cmほどである。

食性は肉食性で、動物プランクトン、小魚、イカ、頭足類など小動物を捕食する。生殖腺は1月ごろから発達しはじめ産卵期は海域によって異なり、魚釣島近海では 1 - 3月、東シナ海中部では 3 - 5月、薩南沖では 2 - 4月に多い。メスは満1歳で約40%個体が成熟し、満2歳で約70%、満3歳以上ではほとんどの個体が成熟する。

分布[編集]

太平洋の暖流に面した熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、日本付近では黒潮系暖水の影響が大きい海域(南シナ海、東シナ海)に分布するが黒潮に乗って三陸沖まで回遊する。マサバより高温を好み、日本近海でも夏に漁獲量が増える。太平洋側での主分布域は北緯36度(房総半島)以南。

東シナ海に分布する個体群は2系群に分けられる。どちらの系群も春から夏には北上し、秋から冬には越冬、産卵のために南下回遊する。

  • 東海系群:東シナ海南部域から九州西海域にかけて分布し、一部は山陰沖や薩南沖へも回遊。
  • 薩南沖系群:九州西岸から薩南海域に分布し、太平洋南区のゴマサバの補給源ともなっている。

形態的特徴[編集]

体は前後に細長い紡錘形で、短い吻が前方に尖り、横断面は円形に近い。背面は青緑色の地にサバ類独特の黒い曲線模様が多数走り、腹面は銀白色の地に黒い小斑点がある。しかし、腹部の黒斑は未成魚では不明瞭で、成魚でもはっきりしない個体もいる。

  • 体側正中線上に黒斑、体側下半部は銀白色で多数の小黒斑
  • 第1背鰭棘数は12本(希に11本)
  • 第1背鰭の神経間棘数は17本以上
  • マサバと区別為には次の点を調べる。
    • 第1背鰭棘数は 11 - 12本。体側正中線上と体側下半部に黒斑がある。体の横断面は円形に近い……ゴマサバS.australasicus
    • 第1背鰭棘数は 9 - 10本。体側正中線上と体側下半部に黒斑がない。体の横断面は楕円形……マサバS.japonicus

厳密に区別したいときは,第1背鰭の神経間棘数(背鰭第1棘に対応したものから第2背鰭の第1条を担ったものの直前までの数)を数える。神経間棘数17本以上はゴマサバ、16本以下はマサバである。

利用[編集]

巻き網定置網、火光利用さば漁業(たもすくいおよび棒受け網漁業)などの沿岸漁業で漁獲される。外洋に面した防波堤からの釣りでも漁獲される。

マサバより脂肪が少ないが、季節的な味の変化が少ないとされている。はマサバの味が落ちるがゴマサバの味は落ちず、漁獲量も増える。鯖節への利用が多いが、他にもマサバと同様に〆鯖(きずし)、鯖寿司焼き魚煮付け唐揚げ缶詰など幅広い用途に利用される。新鮮なものは刺身でも食べられるが、傷みが早いので注意が必要である。また、アニサキスが寄生している危険もある。

高知県土佐清水市清水サバ鹿児島県屋久島首折れ鯖など、各地に地域ブランドがある。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]