コンスタンティノープル条約 (1724年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティノープル条約[1]は、ロシア・オスマン条約[2]ペルシャ分割条約(Iran Mukasemenamesi)[3]とも呼ばれる、ロシア帝国オスマン帝国の間で1724年に締結された、両国間に挟まれたサファヴィー朝ペルシャの領土の大部分を分割することを取り決めた条約。

ロシアとオスマン帝国は、どちらがより多くペルシャ領を占領できるか競争をしており、ギャンジャの占領をめぐって両国が交戦しそうな事態となりフランスが介入した[4]。フランスを仲裁役として、両国の政府は1724年6月12日にオスマン帝国の首都イスタンブル(ヨーロッパ諸国は古名のコンスタンティノープルと呼ぶ) の地で[5]、両国間に挟まれたペルシャ領の大部分を分割することに合意する条約を締結した。その結果、クラ川アラス川の合流地点より東の地域はロシア領となり、西の地域はオスマン帝国領となった[3]

分割した領土の主な地名を挙げると、

しかし、ペルシャのナーディル・シャーはこの条約を認めず、後にオスマン帝国に宣戦する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bain, R. Nisbet (2006). Slavonic Europe - A Political History of Poland from 1447 to 1796. READ BOOKS. pp. p. 323. ISBN 1-84664-581-6. http://books.google.co.uk/books?id=PdZBZcUbSewC&pg=PA323&dq=%2B1724+%2B%22treaty+of+constantinople%22&as_brr=3&sig=GaIILut0CK9aTLKgiWYZHX8Fl8g. 
  2. ^ Savory, Roger (1980). Iran Under the Safavids. Cambridge University Press. pp. p. 252. ISBN 0-521-04251-8. http://books.google.co.uk/books?id=v4Yr4foWFFgC&pg=PA252&dq=%2B1724+%2Btreaty+%2Bottoman+%2Brussia&as_brr=3&sig=_beplI2bS1KPNEWnk1nvQRMZxPQ. 
  3. ^ a b Martin, Samuel Elmo (1997). Uralic And Altaic Series. Routledge. pp. p. 47. ISBN 0-7007-0380-2. http://books.google.co.uk/books?id=UWYdLuA34OQC&pg=PA49&dq=%2B1724+%2Btreaty+%2Bottoman+%2Brussia&as_brr=3&sig=RCQz1SyXQfwl3QxvSpHrsomBKqI#PPA47,M1. 
  4. ^ Fisher, William Bayne (1968). The Cambridge History of Iran. Cambridge University Press. pp. p. 320. ISBN 0-521-20095-4. http://books.google.co.uk/books?id=H20Xt157iYUC&pg=PA322&dq=%2B1724+%2Btreaty+%2Bottoman+%2Brussia&as_brr=3&sig=30fbi1zn1zb5ifv_BF2JBguzFUg#PPA320,M1. 
  5. ^ Houtsma, M. Th.; van Donzel, E. (1993). E. J. Brill's First Encyclopaedia of Islam, 1913-1936. BRILL. pp. p. 760. ISBN 90-04-08265-4. http://books.google.co.uk/books?id=ro--tXw_hxMC&pg=PA760&dq=%2B1724+%2Btreaty+%2Bottoman+%2Brussia&as_brr=3&sig=orLtpRFya8SvSAgXc8p3NsxFhqM. 

関連項目[編集]