クラ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラ川
クラ川 2007年5月22日撮影
ムツヘタ付近(グルジア)
延長 1,364 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 188,000 km²
水源 カフカス山脈
河口・合流先 カスピ海
流域 トルコグルジア
アゼルバイジャン
テンプレートを表示

クラ川トルコ語:Kura, グルジア語:მტკვარი - Mtkvari, アゼルバイジャン語:Kür)は、カフカス山脈から流れるである。トルコ東部に水源を持ち、グルジアを経由してアゼルバイジャンに入る。アゼルバイジャンで支流であるアラス川と合流し、カスピ海に注ぐ。

名前は、大キュロスペルシャ語表記であるKuroshに由来している。西洋の古い記録によれば、「キュロス」の名で知られていた。グルジアではクラ川は「ゆっくりな」を意味するMtkvariという名前で呼ばれている。クラという名前はロシア人が最初に採用し、その後ヨーロッパの地図製作者たちも使用するようになった。

流れが遅く浅いためトビリシまで航行可能である。水力発電所もある。トビリシやルスタヴィなどの工業都市による排水で川の汚染が問題となっている。

クラ川はアラス川を支流としている。流域面積はクラ川の86,000km2よりもアラス川の102,000km2の方が広いが、クラ川の方が標高が高いため合流後の名前はクラ川になっている。

支流[編集]

下流より記載

グルジア上流域