ロシア・ペルシャ戦争 (1722–23)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア・ペルシャ戦争 (1722–23)
Lansereships.jpg

Eugene Lanceray. Fleet of Peter the Great (1909).
1722年 - 1723年
場所 南コーカサスと北部イラン
結果 ロシアの勝利
サンクトペテルブルク条約 (1723)[1]
発端 カスピ海南コーカサス地域にでのロシアの影響力拡大を図り、衰退するサファヴィー朝のカスピ海・南コーカサス地域の領土をライバル国のオスマン帝国によって奪われてオスマン帝国領になることを防ごうとするロシア皇帝の企てによる
領土の
変化
ロシアはデルベントバクーシルヴァン州英語版ギーラーン州マーザンダラーン州アスタラーバードを獲得
衝突した勢力
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
Flag of the Cossack Hetmanat.svg ウクライナ・コサック
グルジア
Flag of Shah Tahmasp I.svg サファヴィー朝
指揮官
ロシアの旗 ピョートル1世
ロシアの旗 フョードル・アプラクシン
ロシアの旗 ミハエル・マチュシュキン
Flag of the Cossack Hetmanat.svgダヌィーロ・アポーストル
ヴァフタング6世
Flag of Shah Tahmasp I.svg シャー タフマースブ2世
戦力
ロシア陸軍: 22,000人
コサック兵: 22,000人
グルジア・アルメニア混成部隊: 40,000人
合計: 84,000人
グラーム連隊: 10,000人
サファヴィー朝トゥファングチ(鉄砲)隊: 30,000人
トプチ旅団[2]キジルバシ連隊:30,000人
被害者数
4000人 不明

ロシア・ペルシャ戦争 (1722–23)は、ロシア歴史学では{ピョートル大帝のペルシャ遠征」として知られている[3]ロシアペルシャ(サファヴィー朝)との間に起きたカスピ海南コーカサス地域でのロシアの影響力拡大を図り、衰退するサファヴィー朝のカスピ海・南コーカサス地域の領土をライバル国のオスマン帝国によって奪われてオスマン帝国領になることを防ごうとするロシア皇帝の企てによって惹き起こされた。

遠征[編集]

遠征前、ロシア皇帝ピョートル1世グルジアカルトリ王国英語版国王ヴァフタング6世アルメニア教会司教との同盟を確保した。これらキリスト教を軸とした各集団の指導者たちは、ペルシャとオスマン帝国の領土拡大主義者との紛争に対してロシアの援助を求めていた。

1722年7月、約22,000人のロシア陸軍とコサック兵が、新しく創設されたフョードル・アプラクシン率いるカスピ小艦隊の船にアストラハンから乗り込んでいった。約22,000人の騎兵とコサック兵がツァリーツィンより陸路で合流した。8月23日、ロシア軍は南ダゲスタンデルベントを占領した。しかし、この年の秋のカスピ海の嵐で、ピョートル1世はデルベントとスヴャトイ・クレストに駐屯部隊を残してアストラハンに戻ることを余儀なくされた。9月に、ヴァフタング6世は40,000人のグルジア・アルメニア混成部隊と一緒に進撃するロシア遠征軍に合流する為にギャンジャで宿営したが、ピョートル1世がアストラハンに向かって出発したとの知らせを聞いて、11月にトビリシに戻った。

12月にロシア陸軍と海軍は、ミハエル・マチュシュキン少将も下でラシュトを奪取し、1723年7月にバクー攻略の為に軍を前進させた。ロシア軍の勝利と1723年春の南コーカサス地域におけるペルシャ領へのオスマン帝国の侵略によって、タフマースブ2世の政権は1723年9月12日、デルベント・バクー・シルヴァン州英語版ギーラーン州マーザンダラーン州アスタラーバードをロシアに割譲するサンクトペテルブルク講和条約を調印することを余儀なくされた[4]

戦後[編集]

戦時中であった1722年よりコーカサス・アゼルバイジャンにオスマン帝国が侵攻して、ロシアを牽制しながら支配下に組入れようとしていており[5]、1724年にはフランスの仲裁で「コンスタンティノープル条約 (1724年) 」を締結して、この地域の旧ペルシャ領の分割を行なっている。

1732年露土戦争 (1735年-1739年)英語版の直前、オスマン帝国に対するロシアとサファヴィー朝の同盟を結ぶ為に、ロシア皇帝アンナは、ラシュト条約の条項の中で、全ての併合したペルシャ領の返還を謳った[6]

この結果は、ピョートル1世の遠征を支持していたグルジアの支配層にとって災難であった。西グルジアのイメレティ王国英語版国王アレクサンデル5世英語版は、かつてより厳しい条件でオスマン帝国の宗主権を受け入れなければならなかった。東グルジアの支配者ヴァフタング6世はすでに王位を追われて1724年にロシア宮廷に庇護を受けている状態ではあったが、領土を取り戻す道は厳しく、1737年にアストラハンで客死することになる。オスマン帝国は、ロシアの介入を警戒してコーカサス地方の海岸線沿いの防備を強化した[7]

脚注[編集]

  1. ^ Treaty of St Petersburg (1723), Alexander Mikaberidze, Conflict and Conquest in the Islamic World: A Historical Encyclopedia, Vol. I, ed. Alexander Mikaberidze, (ABC-CLIO, 2011), 850.
  2. ^ サファヴィー朝”. 2014年4月2日閲覧。
  3. ^ Elena Andreeva, Russia and Iran in the Great Game: Travelogues and Orientalism, (Routledge, 2007), 38.
  4. ^ Treaty of St Petersburg (1723), Alexander Mikaberidze, Conflict and Conquest in the Islamic World: A Historical Encyclopedia, Vol. I, 850.
  5. ^ 西アジア史Ⅱイラン・トルコ, 永田雄三, 275-276
  6. ^ A Global Chronology of Conflict: From the Ancient World to the Modern Middle East, Vol. II, ed. Spencer C. Tucker, (ABC-CLIO, 2010), 729.
  7. ^ W.E.D. Allen|Allen, W.E.D. (1950). "Two Georgian Maps of the First Half of the Eighteenth Century". Imago Mundi, Vol. 10: 99.

参考文献[編集]

関連項目[編集]