ゲーム (エンジェルのエピソード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーム
Five by Five
製作 ジョス・ウィードン
出演者 デヴィッド・ボレアナズ
カリスマ・カーペンター
アレクシス・デニソフ
ゲスト出演者
エリザ・ドゥシュク
ジュリー・ベンツ
前作 永遠
次作 禁猟区
テンプレートを表示

ゲーム」(原題:Five by Five)は、テレビドラマ『エンジェル』の第1シーズン第18話のエピソード。『バフィー 〜恋する十字架〜』の「お前は誰だ?」の続編である。

概要[編集]

バンパイア・スレイヤーのフェイス(エリザ・ドゥシュク)とバンパイアのエンジェル(デヴィッド・ボレアナズ)の戦いがメインのエピソード。過去と現在が交錯し、エンジェルの内面が描かれる。

ストーリー[編集]

過去[編集]

ルーマニア

バンパイアのダーラは、誕生日祝いとしてアンジェラスにロマの娘を与える[1]。その後、魂を得たアンジェラスはダーラから自宅を追い出される。街中を放浪するアンジェラスは3人の男女に恵みを乞い、侮辱的扱いを受ける。怒ったアンジェラスは男2人を殴り倒し、女の血を吸おうとするのだが…。

現在[編集]

ロサンゼルス

夜間、ロサンゼルスをパトロールしていたエンジェルたちはある事件の証人を保護する。エンジェルが証人を法廷につれてきたことで裁判が不利になったウルフラム&ハートの弁護士リンジーは、シニアパートナーと相談し、エンジェルの元へ刺客を送ることを決断する。ロサンゼルスに現れたフェイスは、ウルフラム&ハートのライラと出会い、リンジーからエンジェル殺害を持ちかけられる。エンジェル殺害に失敗したフェイスはウェスリーをさらい、エンジェルに決闘を挑むが、戦いの途中で突然泣き崩れる。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

助演[編集]

  • レインボー・ボーデン(暴力団員)
  • トア・エドギル(ルーマニア人の男性)
  • ジェニファー・スリムコ(ルーマニア人の女性)
  • アドリエンヌ・ヤニック(ナイトクラブの女性客)
  • ロドニック・フォックス(アシスタントDA)
  • フランシス・ファロン(ディック)

音楽[編集]

アーティスト 曲名 解説
APM Pressure Cooker
Rob Zombie ロブ・ゾンビ Living Dead Girl リヴィング・デッド・ガール ナイトクラブのシーンで使用された曲。

用語解説[編集]

  • ウルフラム&ハート
    ロサンゼルスに本部を置く弁護士事務所。世界的な規模で事業を行う。同名のシニア・パートナーによって運営されている。

脚注[編集]

  1. ^ この事件の詳細は『バフィー 〜恋する十字架〜』の「エンジェル」「変貌 パート1」参照。

外部リンク[編集]