ケイトリン・アシュレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイトリン・アシュレイ
Kaitlyn Ashley
Kaitlyn Ashley.jpg
Kaitlyn Ashley
プロフィール
別名 Kaithlyn
Kaitlynn
Kait Lynn
Kaitlyn Kelly
Caithlyn Ashley
Cherry Stone
Kaitlynn Down
生年月日 1971年6月29日
現年齢 43歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州フォートローダーデール
民族 コーカソイド
毛髪の色 ブロンド
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 165 cm / 50 kg
BMI 18.4
スリーサイズ 86 - 61 - 86 cm
カップサイズ D(米国サイズ)
備考 豊胸、左足首にタトゥー(1995年)
活動
デビュー 1993年
ジャンル ハードコアポルノ
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

ケイトリン・アシュレイ(Kaitlyn Ashley、1971年6月29日 - )は、アメリカ合衆国出身の元ポルノ女優

来歴[編集]

将来の夫となるジェイ・アシュレイと高校時代に知り合い、15歳の時に駆け落ち同然に家出。ジェイが海兵隊の任務で8ヶ月間をソマリアに滞在していた折には、獣医の助手の仕事をしていた。[1] やがてジェイが帰国すると2人でカリフォルニア州へと移住。そしてジェイの提案でポルノ界へ。

1993年から1997年までポルノ映画で活躍し、300本以上の作品群に出演。多くの作品でジェイと共演している。アナルセックスアナルへの同時挿入、レズビアン、異人種間のシーンなどが有名となった。

そのおよそ4年間の経歴において、助言や物質的な援助を与えてくれたニナ・ハートレーデビー・ダイアモンドを信頼していた。特にデビー・ダイアモンドとの共演を好んだ。いわくデビーは母親か姉のような存在で常に気を配ってくれていたものの、演技中には野性的であったのだという。デビュー当時にハートレーがそばにいたことは幸運であったと語っている。この業界で注意すべきことについての多くの助言をくれたのがハートレーであった。

1997年の後半頃に東海岸へ転居。そして事実上ポルノ映画界から引退した。

出演作の一部[編集]

  • 1993年:『Sodomania 6
  • 1993年:『Anal Rampage 2
  • 1993年:『Tales from the Clit
  • 1994年:『猥褻クリニック (The Analizer)
  • 1994年:『金髪肉番付 (Superstar Sex Challenge)
  • 1994年:『アニマルプリズン2 (Bad Girls 2: Strip Search)
  • 1994年:『スーパー・エクスタシー/女神 (American Blonde)
  • 1994年:『Shame
  • 1994年:『Starlet
  • 1994年:『変態看護婦 (Let's Play Doctor)
  • 1995年:『セックス・コラムニスト (Lonely Hearts)
  • 1995年:『挑発 (Hollywood Sex Tour)
  • 1995年:『スチュワーデス・ストーリー/処女飛行 (Topless Stewardesses)
  • 1995年:『時計じかけの淫乳 (A Clockwork Orgy)
  • 1995年:『デス・オルガ/淫獣士 (Head Trip)
  • 1995年:『セクシャル・タイムトラベラー (Sex Bandits)
  • 1995年:『タツミネーター2 (Penetrator 2: Grudge Day)
  • 1996年:『すけべっ娘 8』(h.m.p)
  • 1996年:『タイムコック (Lust Runner)
  • 1996年:『Biography: Kaithlyn Ashley
  • 1997年:『エロトマニア (Beautiful)
  • 1997年:『Rudy
  • 1997年:『Private Diary Of Tori Welles

受賞[編集]

  • 1995年 AVN 最優秀助演女優(ビデオ) - 『Shame[2]
  • 1996年 AVN 年間最優秀女優[2]
  • 2001年 AVN殿堂顕彰[3]

脚注[編集]

  1. ^ Gene Ross (2008年7月30日). “Jay Ashley - Life After Aurora Snow” (英語). AdultFYI. 2008年11月15日閲覧。
  2. ^ a b “Past AVN Award Winners” (英語). AVN. http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2008年11月15日閲覧。 
  3. ^ “AVN Hall of Fame” (英語). AVN. http://www.avnawards.com/index.php?content=halloffame 2008年11月15日閲覧。 

外部リンク[編集]