グー・グー・ドールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007年7月

グー・グー・ドールズThe Goo Goo Dolls)はアメリカ合衆国ロックバンド

メンバー[編集]

過去のメンバー[編集]

(1995年-2013年)

ツアー・ミュージシャン[編集]

  • Nathan December - ギター(1998年-2000年)
  • Dave Schultz - キーボード(1998年-2000年)
  • Greg Susan - ギター(2002年-2006年)
  • ジェイソン・フリース (Jason Freese) - キーボード、サクソフォン(2002年-2004年)
  • Paul Gordon - キーボード(2004年-2006年)
  • Brad Fernquist - ギター(2006年-)
  • Korel Tunador - ギター、キーボード、サクソフォン(2006年-)

経歴[編集]

1986年ニューヨーク州バッファローで結成。1987年にセルフタイトルのアルバムでデビュー。その後、バンドはヘヴィメタルレーベルメタル・ブレイドと契約し、アルバム『Jed』(1989年)、『Hold Me Up』(1990年)を相次いでリリースした。

1993年の4枚目のアルバム『Superstar Car Wash』からワーナー・ブラザーズ・レコードによるメジャー流通となる。1995年にはマイク・マリニンが加入して現在のラインアップとなる。

インディーズ時代から知る人ぞ知る実力派バンドとして人気を獲得していた事から「アメリカで最も有名な無名バンド」のコピーが付けられていたが、1995年リリースのアルバム『A Boy Named Goo』からシングルカットされた「ネーム(Name)」のヒットでブレイクを果たした。

1998年には「アイリス(Iris)」(『Dizzy Up The Girl』収録)が映画『シティ・オブ・エンジェル』の主題歌に起用されヒット。ビルボードHOT100 AIRPLAYでは通算18週1位の史上最長記録を樹立したが、シングル盤が発売されていないことから途中までHot 100チャートのランクイン対象とはならなかった。

2006年に結成20周年を迎え、現在も精力的に活動を続けている。サマーソニック2007に出演。また、2007年には映画『トランスフォーマー』において、劇中の主人公をイメージした挿入曲「Before It's Too Late」を手掛ける。

エピソード[編集]

  • 初期はパンク・ロックに近いサウンドであったが、メジャーデビュー以降、徐々にオルタナティヴ・ロックに近いサウンドへと変化していく。曲によってジョン、ロビーそれぞれがリードボーカルを務めている。
  • 衝撃的な9.11テロを受け、音楽の方向性がガラッと変化した。
  • 彼らの高い音楽性から、音楽業界にもファンは多く、彼らの事を「ミュージシャンズミュージシャン」と呼ぶ声も多い。
  • テレビ番組『セサミストリート』に登場する代表的なモンスター「エルモ」と共演したことがある。

来日公演[編集]

  • 1996年6月 (初来日)
  • 1999年2月
  • 2002年
  • 2007年8月 サマーソニック07出演(初日:東京、二日目:大阪)

ディスコグラフィー[編集]

  • グー・グー・ドールズ Goo Goo Dolls1987年
  • ジェッド Jed1989年
  • ホールド・ミー・アップ Hold Me Up1990年
  • スーパースター・カーウォッシュ Superstar Car Wash1993年
  • ボーイ・ネームド・グー~グーという名の少年~ A Boy Named Goo1995年
  • ディジー・アップ・ザ・ガール Dizzy Up The Girl1998年
  • ベスト・オブ・グー・グー・ドールズ What I Learned About Ego, Opinion, Art & Commerce2001年
  • ガターフラワー Gutterflower2002年
  • レット・ラヴ・イン Let Love In2006年
  • グレイテスト・ヒッツ VOL.1 Greatest Hits, Vol. 1: The Singles2007年
  • グレイテスト・ヒッツ VOL.2 Greatest Hits, Vol. 22008年
  • サムシング・フォー・ザ・レスト・オブ・アス2010年

外部リンク[編集]