グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレース・オブ・モナコ
公妃の切り札
Grace of Monaco
監督 オリヴィエ・ダアン
脚本 アラッシュ・アメル英語版
製作 ピエランジュ・ル・ポギャムフランス語版
ウダイ・チョプラ英語版
アラッシュ・アメル
製作総指揮 クローディア・ブルーエンヒューバー
ウダイ・チョプラ
ユータ・フレデバイル
ビル・ジョンソン
ジョナサン・ライマン
ジム・サイベル
出演者 ニコール・キッドマン
ティム・ロス
フランク・ランジェラ
パーカー・ポージー
マイロ・ヴィンティミリア
デレク・ジャコビ
パス・ベガ
音楽 クリストファー・ガニング英語版
撮影 エリック・ゴーティエ
編集 オリヴィエ・ガジャンフランス語版
製作会社 Stone Angels
YRF Entertainment
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2014年5月14日
日本の旗 2014年10月
上映時間 103分
製作国 フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ベルギーの旗 ベルギー
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
フランス
製作費 €30,000,000[1]
興行収入 $22,185,024[2]
テンプレートを表示

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(グレース・オブ・モナコ こうひのきりふだ、Grace of Monaco)は2014年フランスアメリカベルギーイタリア合作の伝記映画。ハリウッド・スターからモナコ公妃となったグレース・ケリーが、存亡の危機に立たされた公国を救うために見せた「一世一代の大芝居」を描いている[3]

2014年5月に行なわれた第67回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された[4]

ストーリー[編集]

人気の絶頂でハリウッド・スターの座を捨て、モナコ公妃となって6年が経った1962年、グレース・ケリーはモナコ宮殿のしきたりにいまだに馴染めずにいた。そんな中、モナコ公国は存亡の危機に立たされる。フランス大統領シャルル・ド・ゴールから過酷な課税を強要され、従わなければ「モナコをフランス領にする」と迫られたのである[3]

キャスト[編集]

評価[編集]

グレース・ケリーとレーニエ3世の実子であるアルベール2世カロリーヌ公女ステファニー公女の3人は、撮影終了後の2013年1月に本作に対して「必要以上に美化され、史実に対して不正確」と批判、数多くの変更を要求したにもかかわらず無視されており、本作は伝記映画ではなく、完全なフィクションであるとしている[5]。アルベール2世は、特に父親であるレーニエ3世が「指導者として一方的で、妻を束縛する男」として描写されている点に不満を感じ、第67回カンヌ国際映画祭のオープニング上映への出席を拒否した[6]

モナコ公室の反応について、主演のニコール・キッドマンは「本作にファミリーを批判する意図はなく、完全な伝記映画とも違う」とコメントしている[7]

参考文献[編集]

  1. ^ Grace de Monaco” (フランス語). AlloCiné. 2014年7月27日閲覧。
  2. ^ Grace of Monaco” (英語). Box Office Mojo. 2014年7月27日閲覧。
  3. ^ a b グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札”. ギャガ. 2014年7月27日閲覧。
  4. ^ カンヌ国際映画祭オープニング決定!ニコール・キッドマン主演『グレース・オブ・モナコ』”. シネマトゥデイ (2014年1月27日). 2014年10月5日閲覧。
  5. ^ Bruno Waterfield (2013年1月16日). “Monaco's Prince Albert II criticises 'inaccurate' Grace Kelly film” (英語). The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/monaco/9806386/Monacos-Prince-Albert-II-criticises-inaccurate-Grace-Kelly-film.html 2014年7月27日閲覧。 
  6. ^ モナコ王室がグレイス・ケリー映画に激怒 プレミア上映をボイコットへ”. シネマトゥデイ (2014年4月7日). 2014年10月5日閲覧。
  7. ^ 第67回カンヌ映画祭開幕!N・キッドマン、モナコ王室ボイコットについて言及”. 映画.com (2014年5月15日). 2014年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]