クーチ・ビハール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西ベンガル州におけるクーチ・ビハール県の位置

クーチ・ビハール県英語: Cooch Behar districtベンガル語: কোচবিহার জেলা コーチ・ビハール県)は、インド西ベンガル州に属する県。県都はクーチ・ビハール (Cooch Behar

県の南部はバングラデシュとの国境となっている。国境地帯は双方の飛び地が散在し、非常に錯綜した状況になっている。

歴史[編集]

クーチ・ビハール県庁
旧王宮

県名は州都クーチ・ビハールから採られている。クーチ(Cooch)あるいはコーチ(Koch) はこの地に暮らしていたチベット系ビルマ系といわれる部族、コーチ(Koch)を示す。ビハール(Behar)はサンスクリット語bihar, 旅をする)に由来しており、コーチの王が散策した場所であったことを意味する。

4世紀から12世紀にかけてはカーマルーパ王国 (Kamarupa13世紀からはカーマタ王国 (Kamata Kingdomの領域となった。その後カーマタ王国ではコーチ族の指導者が台頭して Kamateshwar の称号を称し、1515年コーチ朝 (Koch dynastyがはじまった。

コーチ朝は2代目のナラ・ナーラーヤン (Nara Narayan(在位:1540年 - 1586年)の下で最盛期を迎え、現在のアッサム州の一部やバングラデシュ北西部までを勢力下に治めた。ナラ・ナーラーヤン王没後、王国は東西に分割され、ナラ・ナーラーヤンの息子が西部のクーチ・ビハールクーチ・ビハール王国)を、甥の政権が東部を治めるようになった。

やがて、ムガル帝国がこの地に勢力を拡大すると、クーチ・ビハールは抗争ののち臣従、一方、 東部に独立した甥の政権は滅ぼされてアホーム王国(のちのアッサム)に組み込まれた。このときの東西の境界線は現在の西ベンガル州アッサム州の境界線の起源となっている。

その後、クーチ・ビハールはブータンの侵攻を受け、1680年から1772年にかけてブータンに臣従していたが、プラッシーの戦い1757年)を契機にイギリス東インド会社の影響下に入り、イギリス統治時代には藩王国に位置づけられてクーチ・ビハール藩王国 (Koch Biharとなった。現在もクーチ・ビハール市内には、バッキンガム宮殿を模して1887年に建てられた王宮 (Cooch Behar Palaceが残る。

1947年8月インド・パキスタン分離独立後、1949年8月28日の協約により、クーチ・ビハール藩王は主権をインド自治領政府に譲渡し、9月12日インドの一州となった。1950年1月19日、クーチビハール州は西ベンガル州に併合され、その一県となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]