クリプトンの同位体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリプトンKr)の同位体は31種類が知られる。天然に存在するクリプトンは5種類の安定同位体と1つの放射性同位体からなる。大気中の反応からできる81Krは、他のクリプトンの天然同位体の原料になる。半減期は25万年である。クリプトンは水面近くでは極めて揮発しやすく、81Krは地下水の、5万年から80万年までの年代測定に用いられる[1]

78Krは、二重電子捕獲を起こす核種であるが、確率は低く、半減期は1.1×1020年以上と推定されている。

85Krは不活性の放射性ガスで、半減期は10.76年である。ウランプルトニウム核分裂反応により生成し、核実験原子炉の中で作られる。85Krは燃料棒の再処理の過程で、全量が環境に放出される。1940年代の大気中濃度は、空気1m3あたり0.001ベクレル以下であったが、現在の濃度は1m3あたり1ベクレル以上とされている[2]。多くの原子炉が北半球にあるため、北極の方が南極より30%も濃度が高いことが報告されている[3]ベータ崩壊し、ルビジウム-85(85Rb)となる。

標準原子量は83.798(2) uである。

一覧[編集]

同位体核種 Z(p) N(n) 同位体質量 (u) 半減期 核スピン数 天然存在比 天然存在比
(範囲)
励起エネルギー
69Kr 36 33 68.96518(43)# 32(10) ms 5/2-#
70Kr 36 34 69.95526(41)# 52(17) ms 0+
71Kr 36 35 70.94963(70) 100(3) ms (5/2)-
72Kr 36 36 71.942092(9) 17.16(18) s 0+
73Kr 36 37 72.939289(7) 28.6(6) s 3/2-
73mKr 433.66(12) keV 107(10) ns (9/2+)
74Kr 36 38 73.9330844(22) 11.50(11) min 0+
75Kr 36 39 74.930946(9) 4.29(17) min 5/2+
76Kr 36 40 75.925910(4) 14.8(1) h 0+
77Kr 36 41 76.9246700(21) 74.4(6) min 5/2+
78Kr 36 42 77.9203648(12) STABLE [>1.1E+20 a] 0+ 0.00355(3)
79Kr 36 43 78.920082(4) 35.04(10) h 1/2-
79mKr 129.77(5) keV 50(3) s 7/2+
80Kr 36 44 79.9163790(16) STABLE 0+ 0.02286(10)
81Kr 36 45 80.9165920(21) 2.29(11)E+5 a 7/2+
81mKr 190.62(4) keV 13.10(3) s 1/2-
82Kr 36 46 81.9134836(19) STABLE 0+ 0.11593(31)
83Kr 36 47 82.914136(3) STABLE 9/2+ 0.11500(19)
83m1Kr 9.4053(8) keV 154.4(11) ns 7/2+
83m2Kr 41.5569(10) keV 1.83(2) h 1/2-
84Kr 36 48 83.911507(3) STABLE 0+ 0.56987(15)
84mKr 3236.02(18) keV 1.89(4) µs 8+
85Kr 36 49 84.9125273(21) 10.776(3) a 9/2+
85m1Kr 304.871(20) keV 4.480(8) h 1/2-
85m2Kr 1991.8(13) keV 1.6(7) µs [1.2(+10-4) µs] (17/2+)
86Kr 36 50 85.91061073(11) STABLE 0+ 0.17279(41)
87Kr 36 51 86.91335486(29) 76.3(5) min 5/2+
88Kr 36 52 87.914447(14) 2.84(3) h 0+
89Kr 36 53 88.91763(6) 3.15(4) min 3/2(+#)
90Kr 36 54 89.919517(20) 32.32(9) s 0+
91Kr 36 55 90.92345(6) 8.57(4) s 5/2(+)
92Kr 36 56 91.926156(13) 1.840(8) s 0+
93Kr 36 57 92.93127(11) 1.286(10) s 1/2+
94Kr 36 58 93.93436(32)# 210(4) ms 0+
95Kr 36 59 94.93984(43)# 114(3) ms 1/2(+)
96Kr 36 60 95.94307(54)# 80(7) ms 0+
97Kr 36 61 96.94856(54)# 63(4) ms 3/2+#
98Kr 36 62 97.95191(64)# 46(8) ms 0+
99Kr 36 63 98.95760(64)# 40(11) ms (3/2+)#
100Kr 36 64 99.96114(54)# 10# ms [>300 ns] 0+

出典[編集]

  1. ^ Thonnard, Norbert; Larry D. MeKay, Theodore C. Labotka (2001年12月31日). “Development of Laser-Based Resonance Ionization Techniques for 81-Kr and 85-Kr Measurements in the Geosciences” (English). University of Tennessee, Institute for Rare Isotope Measurements. pp. 4-7. 2007年3月20日閲覧。
  2. ^ クリプトン 85原子力資料情報室
  3. ^ Resources on Isotopes”. U.S. Geological Survey. 2007年3月20日閲覧。

参考文献[編集]