アメリシウムの同位体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリシウム(Am)は安定同位体を持たない。そのため標準原子量を定めることはできない。

アメリシウムの放射性同位体のうち19種が特徴付けされており、もっとも安定なのが半減期7370年の243Amで、次いで安定なのが半減期432.7年の241Amである。この他の同位体はすべて半減期が51時間以下であるが、ほとんどが100分以下である。また、8種の核異性体を持ち、その中でもっとも安定なのは242mAm (t½ 141 年)である。

241Amは煙感知器に利用される。高感度なため諸外国では主流のタイプである。

アメリシウムの同位体の原子量の範囲は231.046 u (231Am) から 249.078 u (249Am)。

一覧[編集]

同位体核種 Z(p) N(n) 同位体質量 (u) 半減期 核スピン数
励起エネルギー
231Am 95 136 231.04556(32)# 30# s
232Am 95 137 232.04659(32)# 79(2) s
233Am 95 138 233.04635(11)# 3.2(8) min
234Am 95 139 234.04781(22)# 2.32(8) min
235Am 95 140 235.04795(13)# 9.9(5) min 5/2-#
236Am 95 141 236.04958(11)# 3.6(1) min
237Am 95 142 237.05000(6)# 73.0(10) min 5/2(-)
238Am 95 143 238.05198(5) 98(2) min 1+
238mAm 2500(200)# keV 35(10) µs
239Am 95 144 239.0530245(26) 11.9(1) h (5/2)-
239mAm 2500(200) keV 163(12) ns (7/2+)
240Am 95 145 240.055300(15) 50.8(3) h (3-)
241Am 95 146 241.0568291(20) 432.2(7) a 5/2-
241mAm 2200(100) keV 1.2(3) µs
242Am 95 147 242.0595492(20) 16.02(2) h 1-
242m1Am 48.60(5) keV 141(2) a 5-
242m2Am 2200(80) keV 14.0(10) ms (2+,3-)
243Am 95 148 243.0613811(25) 7.37(4)E+3 a 5/2-
244Am 95 149 244.0642848(22) 10.1(1) h (6-)#
244mAm 86.1(10) keV 26(1) min 1+
245Am 95 150 245.066452(4) 2.05(1) h (5/2)+
246Am 95 151 246.069775(20) 39(3) min (7-)
246m1Am 30(10) keV 25.0(2) min 2(-)
246m2Am ~2000 keV 73(10) µs
247Am 95 152 247.07209(11)# 23.0(13) min (5/2)#
248Am 95 153 248.07575(22)# 3# min
249Am 95 154 249.07848(32)# 1# min
  • #でマークされた値は、全てが純粋に実験値から算出されたものではなく、一部体系的な傾向から導き出された推定値を含んでいる。明確なデータが得られていない核スピンに関しては、かっこ書きで表記している。
  • 数値の最後にかっこ書きで表記しているのは、その値の誤差を示している。誤差の値は、同位体の構成と標準の原子質量に関しては、IUPACが公表する誤差で表記しており、それ以外の値は、標準偏差を表記している。

参考文献[編集]