クィントゥス・ファビウス・マクシムス・アエミリアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クィントゥス・ファビウス・マクシムス・アエミリアヌスラテン語: Quintus Fabius Maximus Aemilianus, 生没年不詳、紀元前2世紀)は、共和政ローマ元老院議員。実父はルキウス・アエミリウス・パウルス・マケドニクスであったが、クィントゥス・ファビウス・マクシムスの養子となった。

実父マケドニクスとともに第三次マケドニア戦争に従軍、ピュドナの戦いで勝利を収めるが、その際にローマへ勝利の報を届ける役目を担った。そして紀元前149年から紀元前158年の間プラエトル待遇でシチリア島に赴任、そして紀元前145年にはコンスルに就任した。そしてプロコンスルとしてヒスパニアでルシタニア人討伐(ルシタニア戦争)を行うが、首領ウィリアトゥスを捕らえる事はできなかった。戦いはそれから10年間続き、彼の兄弟であるスキピオ・アエミリアヌスがヌマンティアを鎮圧するまで続いた。

彼と小スキピオは後のギリシア人歴史家ポリュビオスの庇護者であった。

係累[編集]

関連項目[編集]