アッタロス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルリンペルガモン博物館にあるアッタロス1世の彫刻

アッタロス2世古代ギリシア語: Άτταλος Β΄ローマ字転写:Attalos II紀元前220年 - 紀元前138年)はアッタロス朝(ペルガモン王国)の第4代国王(在位:紀元前159年 - 紀元前138年)。愛兄王フィラデルフォス)と呼ばれた。

概要[編集]

アッタロス2世はアッタロス1世セレウコス朝の王女の第2子で、兄はエウメネス2世である。跡継ぎとして育てられた兄に、忠誠を尽くすように教育され、晩年までその教えを貫き通したため、フィラデルフォスと呼ばれるようになった。アッタロスは、マケドニア戦争に勝利して東方に勢力を拡大したローマとは兄の時代からの友好政策を維持した。ローマの意向に同調し、敵対するビテュニアなどと戦いを推進したため、「ローマの番犬」と呼ばれることもある。

アッタロスの治世は西方、東方共に他国の侵略も無く安定した状態になり、兄と同様ペルガモン文化の保護政策を採ったことから、学問、芸術が大きく花開いた。


関連項目[編集]

先代:
エウメネス2世
アッタロス朝の君主
紀元前159年 - 紀元前138年
次代:
アッタロス3世