アッタロス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッタロス3世古代ギリシア語: Άτταλος Γ΄、Attalus III Philometor Euergetes、紀元前170年頃-紀元前133年)は、紀元前138年から紀元前133年まで在位したアッタロス朝ペルガモン王国)の最後の王である。

アッタロス3世はエウメネス2世ストラトニケの息子であり、前任のアッタロス2世の甥である。ベレニスと結婚して娘をもうけ、娘はガラティアの王デイオタロスと結婚した。"Philometor Euergetes"とは、ギリシア語で「母、保護者を愛する("Loving-his-Mother, Benefactor")」という意味である。彼は、母のストラトニケとの密接な関係からこのように呼ばれた。

アッタロス3世はペルガモン王国の統治にはほとんど興味がなく、医学、植物学、園芸等の趣味に没頭した。彼には後継者となる男子がなく、自身の意志によって共和政ローマに王国を遺贈した。ティベリウス・グラックスはペルガモン王国の財宝をローマ市民に提供することを要求したが、ローマ元老院はそれを拒否した。

ペルガモン王国の全国民がローマの支配を受け入れた訳ではなかった。エウメネス2世の非嫡出子であることを主張するアリストニコスはローマに対して反乱を起こした。この反乱は紀元前129年に鎮圧され、ペルガモン王国はローマ、ポントスカッパドキアに分割された。

出典[編集]

  • Hansen, Esther V. (1971). The Attalids of Pergamon. Ithaca, New York: Cornell University Press; London: Cornell University Press Ltd. ISBN 0-8014-0615-3.
  • Kosmetatou, Elizabeth (2003) "The Attalids of Pergamon," in Andrew Erskine, ed., A Companion to the Hellenistic World. Oxford: Blackwell: pp. 159?174. ISBN 1-4051-3278-7. text
  • Christian Settipani, Les Ancetres de Charlemagne (France: Editions Christian, 1989).
  • Simon Hornblower and Tony Spawforth, Who's Who (Classical World), pg. 61.


先代:
アッタロス2世
アッタロス朝の君主
紀元前138年 - 紀元前133年
次代:
エウメネス3世(僭称)