ピュドナの戦い (紀元前168年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピュドナの戦い
戦争第三次マケドニア戦争
年月日紀元前168年6月22日
場所ピュドナ
結果:ローマの圧勝
交戦勢力
共和政ローマ Vergiasun.svgマケドニア王国
指揮官
ルキウス・アエミリウス・パウルス Vergiasun.svgペルセウス
戦力
歩兵34000
騎兵4000
歩兵40000
騎兵4000
損害
100人(ポセイドニオス)
80人(ナシカ)
25000人以上

ピュドナの戦い(ピュドナのたたかい、: Battle of Pydna)は第三次マケドニア戦争において紀元前168年6月22日ルキウス・アエミリウス・パウルス率いるローマ軍とペルセウス王率いるアンティゴノス朝マケドニア軍との間で戦われた会戦である。この戦いはしばしばマケドニアのファランクスの非柔軟さへのローマのレギオンの柔軟さの勝利と見なされている。

背景[編集]

紀元前179年マケドニア王ピリッポス5世の死後、その息子ペルセウスが王位についた。ペルセウスは北方の蛮族対策と称して軍備を増強し、父王の親ローマ路線から反ローマ路線へと舵を切った。

軍備増強の後、マケドニアはペルガモン王国に侵攻した。ペルガモンはローマに救援を求め、ローマはそれに応じ、ギリシアへと軍勢を送った。第三次マケドニア戦争の勃発である。緒戦マケドニア軍はローマの陸海軍に対して優勢に戦いを進めた。このため、ローマは紀元前168年にマケドニア軍に太刀打ちできる人物としてルキウス・アエミリウス・パウルスを執政官に選び、ギリシアへ派遣した。

ギリシアに着いたパウルスは早速ペルセウスとの戦いを開始した。ペルセウスは周囲を城壁や柵で固めつつ、「オリュンポスの山裾が海に没するあたり」に陣取っており、難攻不落であった[1]。何日かの間両軍はにらみ合っていたが、その間パウルスは周囲を調査し、ピュテイオンペトラを経てペライビアへと抜ける道が無防備であると知った。そこで彼は8200人の歩兵と120騎の騎兵を与えてプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・コルクルムをその道を通って沿岸地域まで周り込み、敵を包囲しようとみせかけた[2]。しかし、この目論見はローマ軍より脱走してきたクレタ人によってペルセウスの知るところとなり、彼は傭兵10000とマケドニア兵2000をミロンに与えて差し向け、敵へと向わせた。しかし、ミロンはナシカに敗れ、これを知ったペルセウスはピュドナへと後退した[3]。その時マケドニア軍が着陣した場所は平坦な地形で、ファランクスを展開するのに適していた。

ナシカの部隊と合流したパウルスはマケドニア軍に対陣した。その夜、月食が起きた。パウルスが月食について知っていたこともあり、ローマ人は月の光を呼び戻す儀式を行ったのに対し、マケドニア軍は月食に恐れおののき、王が滅ぶ徴候だと言う噂が流れた[4]。このため、マケドニア軍の士気は戦いの前には既に落ちていた。

会戦[編集]

翌日の午後、戦いは始まった。戦いの開始はプルタルコスの伝えるところでは、パウルスは敵の攻撃を誘発するために轡をはめていない馬を放ち、それをローマ兵に追わせた。あるいは、ローマ軍の馬をマケドニア側のトラキア兵が襲い、これに対してローマ側のリグリア兵700人が交戦し始め、これへの加勢から戦いが広まり、両軍の前面衝突と相成ったという[5]

当初、戦いは互角に展開したが、やがてローマの前衛をマケドニアのファランクスが突破した。この戦いでのマケドニア軍ファランクスのサリッサ(マケドニア軍のファランクスが用いた長槍)の林にパウルスは驚愕と恐怖に捕えられたという。さらに、その後方の部隊も破れたため、ローマ軍はオロクロンという山まで後退した。この追撃のためにマケドニア軍のファランクスの隊列は乱れ、戦列が長く延びて隙間や割れ目ができた。そこでパウルスは部隊を小分けして敵の戦列の隙間や裂け目の集中攻撃・各個撃破を命じた。白兵戦ともなればサリッサは役に立たないため、マケドニア軍はサリッサを捨てて戦ったが、彼らの短剣と小さな革張りの盾ではローマ軍の剣と大きく重い盾には抗し得ず、敗走した。マケドニア軍の精鋭部隊3000人は踏みとどまって戦ったものの、全滅した[6]

戦いは規模の大きさにもかかわらず、一時間ほどで終わった。この戦いでマケドニア軍は25000人以上が戦死したのに対し、ローマ軍の戦死者はポセイドニオスによれば100人、ナシカによれば80人のみだった[7]

ペルセウスは戦いの早い段階に臆病のために騎兵のほとんど全部と共に逃げ去ったと、ポリュビオスは述べている。 一方、ペルセウスは勇敢に戦ったが、敵の投げ槍によって負傷したために戦場を離れたとポセイドニオスは述べている。 いずれもプルタルコスによって伝えられている内容である[8]

結果[編集]

逃亡の後、戦いでの臆病を示したペルセウスは兵士はおろか臣民からも見捨てられ、財産をクレタ人に巻き上げられ、極め付けにはサモトラケ島に渡った後、ローマ軍に捕えられた[9]。その後、彼はローマでのパウルスの凱旋式において戦利品として彼の子供ともども人々の見世物になった後、軟禁された後獄死した[10]。第三次マケドニア戦争の敗戦によってマケドニア王国は滅ぼされ、四つの共和国に解体されたが、やがてローマの属州となった。これはまた、セレウコス朝紀元前63年)、プトレマイオス朝紀元前30年)と続くローマによるヘレニズム三王国の滅亡の先駆けでもあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プルタルコス, 「アエミリウス・パウルス」, 13
  2. ^ ibid, 15
  3. ^ ibid, 16
  4. ^ ibid, 17
  5. ^ ibid, 18
  6. ^ ibid, 21
  7. ^ ibid, 21
  8. ^ ibid, 19, 23
  9. ^ ibid, 23, 26
  10. ^ ibid, 34

参考文献[編集]